記事の詳細

科目 ヒルガオ科

原産国 熱帯~亜熱帯地域

花の色 紫がかった青

大きさ花の大きさ10cm程度 ツル性でよく伸びます。

夕方までしぼまない朝顔

育て方

別名「琉球朝顔」と呼ばれるように沖縄など暖かい地域で育つ植物です。普通の朝顔と大きく違うのは、普通の朝顔が一年草なのに対してオーシャンブルー(琉球朝顔)は宿根草で越冬します。また、朝顔は朝咲いて夕方にはしぼみますが、オーシャンブルーは夕方まで咲き続けます。朝は透明感のある美しい青色ですが、夕方になる紫がかったピンク色に変化します。一日で2色の色を楽しめる楽しい植物です。オーシャンブルーは大変繁殖力が強く、ヘタをすると雑草化して周りを覆い尽くしてしまうので、定期的に摘み取るなどの管理が必要です。花は2年目の株からよく咲くようになります。普通の朝顔と違って、脇芽からではなく、ツルの先につぼみが付くので、ツルの先は切らないようにします。また、オーシャンブルーは日の当たる時間が短かくなると花が咲く短日植物なので、夜間に照明の当たる場所では花を咲かせなくなります。

育成に適した環境

日当たりを好みます。沖縄や八丈島など暖かい地域では野生で育つ頑強な植物です。ツルの生育が旺盛なので、鉢植えより地植えに向いています。鉢で植える場合はなるべく大きな鉢にすると良いでしょう。

種まきの時期

オーシャンブルーは普通の朝顔と違って種は出来ません。代わりに挿し木で簡単に増やすことが出来ます。初夏、もしくは8月~9月ごろにツルを切って挿し木用の用土に挿して増やします。ツルの中で土に沿って茶色く伸びたツルには根がついているので、掘り起こして鉢上げしても良いでしょう。根の部分は発根促進剤を付けると発根しやすくなります。

水やり

水を好む植物です。水やりはたっぷり与えるようにします。特に鉢の場合は根が鉢いっぱいに育つのですぐに水切れを起こしてしまいます。水不足を避けるためにもなるべく大きな鉢に植えて管理するようにしましょう。

気を付けたい病気

葉を白くするハダニや葉を食べてしますヨトウムシなどが発生しやすいです。

生育旺盛なグリーンカーテン

オーシャンブルーは一見朝顔のようですが、朝顔と違って一日中花を咲かせてくれる植物です。越冬できるので、一回植えれば毎年花を咲かせてくれるので、植え付けの手間は省けます。ただ、繁殖力が旺盛すぎるので、ツルがあらゆるものを覆い尽くしてしますこともあります。定期的に株を整理するなどして、伸びすぎないようにするのが大事です。ほうっておくと、樹木にもからみついて、木を覆いつくしてしまいます。逆にその性質を利用してグリーンカーテンに仕立てると、花が咲き乱れるグリーンカーテンが作れます。ただし、ツルが家の方に伸びないように注意しましょう。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。