記事の詳細

科目 セリ科

原産国 中近東 ヨーロッパ

花の色 白

大きさ 高さ約60㎝

遮光して柔らかく育てる

は生育温度は15℃~20℃です。25℃以上になると生育が止まるので、温度が上がりすぎる前に、株を育てるようにします。逆に温度が13℃以下の低温になると、苗の状態でもトウ立ちするので、植え込みの適期は調節するようにします。

育て方

乾燥を嫌うので、植え込みの際はマルチングで乾燥を防ぐようにします。マルチングすれば、乾燥だけでなく雑草の抑制にもなるので、管理がしやすくなります。種まきも出来ますが、家庭菜園ではそれほど量を必要としないので、苗を購入して植えこむのも、簡単でおすすめの方法です。土は、連作障害を避けるために去年と同じ場所には植えないようにします。

植え付け後は、2週間ごとに液体肥料を与えます。株が大きくなってきたら、わき芽や枯れた下葉を取り除くようにします。株が20㎝を超えたら収穫の適期です。取り遅れるとすが入るので、取り遅れないようにします。

育成に適した環境

日当たりを好みます。植え付け直後は費にしっかり当て、頑丈な株に育てるようにします。夏場は直射日光に当たると茎や葉が固くなるので、よしずなどで遮光して管理するようにします。

販売されているセロリのほとんどは葉や茎を柔らかくする為に軟白栽培と呼ばれる方法で栽培されています。茎を柔らかくしたい場合は、収穫の3~4週間前に株全体をダンボールなどで覆って遮光します。そうることで、セロリの茎が白く柔らかくなり、食べやすいセロリになります。

用土は植え付けの2週間ほど前に1㎡あたり約200gの苦土石灰と、堆肥約4kgを混ぜ込み、、よく耕しておきます。

種まきの時期

種まきは、4~5月ごろに行います。タネまき専用の用土をセルトレーに敷き、5㎝の間隔に溝をつけてから種を均一にまきます。セロリの種は好光性なので、覆土は薄く敷くようにします。たっぷりの水をまき、乾燥させないように新聞紙などで覆います。

芽が出るまでは、2週間ほどかかります。本葉が2~3枚になったらポットにあげ、本葉が7~8枚になってから畑に植え付けます。

植え付けには、20㎝の高畝にし、株間は20㎝~30㎝とって植え付けます。

水やり

水を好む植物です。乾燥に弱く、乾燥が続くと枯れてしまいます。生育期である春から秋にかけては、土が完全に乾ききる前に水を与えるようにします。土が乾燥しないようにマルチングすると管理が楽になります。マルチングした場合は、株の足元の穴から水を注ぐようにします。

気を付けたい病気

アブラムシ

生でも火を通しても美味しい

独特の風味が特徴の野菜です。主に茎の部分を食べ、葉や茎は香づけにも使われます。日本では19世紀ごろオランダから入ってきたと言われていますが、広く食べられるようになったのは、明治以降のことです。西洋料理の一般化とともに日常的な野菜と知られるようになりました。

生のままサラダとして、シャキシャキとした食感と独特の香りが楽しめます。また、スープやシチューに香りづけや具として煮込んでしまっても美味しく食べられます。日本的なアレンジとしては、漬物にするのもおすすめです。食物繊維が豊富で、体のデトックスにも効果のある野菜です。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。