記事の詳細

科目 ヒユ科

原産国 熱帯アメリカ

花の色 ピンク、白、赤、黄色、紫

大きさ 高さ10cm~60cm

夏の暑さにも負けない花

乾燥に強く、真夏でもよく咲くので夏の花の少ない時期に彩をそえてくれる花です。また、フラワーアレンジやドライフラワーでも定番の花です。種まきから育てることも出来ますが、苗を購入して育てるのも簡単です。

育て方

5月~6月ごろに植え付け、ある程度苗が大きくなったところで摘心を行います。こうして脇芽を伸ばして花を多く付けるようにします。

育成に適した環境日当たりを好みます。日当たりが悪いと極端に花付きが悪くなるのでなるべく日光のあたる場所で管理します。用土は水はけのよい土壌を好みます。日陰で湿気の髙い場所では生育不良になってしまいます。肥料は緩効性の肥料をあらかじめ土に混ぜ込んでおきます。やせた土地にも強いので苗がすくすく育っているようなら特に追肥は必要ありません。逆に肥料を与えすぎると花つきが悪くなってしまいます。

種まきの時期

4月~5月ごろ種をまいて育てます。発芽温度は20℃~25℃と比較的髙いので充分に気温があがってから種をまくようにします。種は平たい鉢にまくか花壇に直まきにします。薄く種を覆うように土をかけ、水を切らさないように管理します。種のうちに水切れを起こしてしまうと発芽しにくくなります。また、センチコウは移植に嫌うのでポットに鉢あげする時はなるべく根を傷つけないようにします。本葉が3~6枚程度になったら花壇などに移植します。センニチコウは種を自家採取することも出来ます。センニチコウの花の部分は実は苞(ほう)と呼ばれる葉の一種です。この苞の部分は花びらと違って枯れることはありませんが、徐々に色があせてきます。色があせてきたら種を採取する合図です。苞の一番下の部分に種が出来ているので、手で割いて種を取り出します。もしくは、切り取ったセンニチコウの花ごと充分に乾燥させ手でもむと、種がパラパラと落ちてきます。

水やり

乾燥に強い植物です。庭植えなら特に水遣りは必要なく、雨水だけでほぼ大丈夫です。乾燥に強い分、多湿には弱いです。ですから水遣りは土の表面が乾いたのを確認してから水を与えます。水やりの時はたっぷり水を与えるようにします。たっぷり与えることで、水分を補給するだけでなく、水に含まれる空気も土中に入れ、土中の空気の入れ替えを行う役目も果たすからです。土が乾かないうちから水を与えると根腐れの原因となるので注意するようにします。

気を付けたい病気

丈夫な植物なので特に病気の心配はありませんが、ハダニやアブラムシが発生することがあります。見つけたら薬剤で駆除するようにします。

花の後も楽しめる初心者向けの花

乾燥に強く、病気にも強いので初心者向けの花です。キャンディーのような花が穂先に咲き、群生させると可愛らしい雰囲気の花壇を作ることが出来ます。また、花の部分の苞(ほう)はドライフラワーにしても色あせにくいので、茎の部分を束ねて逆さにつるすと自分でキレイなドライフラワーを作ることが出来ます。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。