記事の詳細

科目 アヤメ科

原産国 南アフリカ

花の色 白、赤、ピンク、オレンジ、黄、紫、茶、複色

大きさ 高さ15~80cm

カラフルな花を楽しめる球根植物

南アフリカ原産の秋植えの球根です。3月~5月に、カラフルでエキゾチックな花を咲かせます。「スイセンアヤメ」などの別名があります。

育て方

半耐寒性の球根植物で、南アフリカに約6種が分布します。秋に球根を植え付けると、3月下旬~5月に、細長い葉の間から細い花茎を伸ばし、鮮やかでエキゾチックな花を咲かせます。よく出回っているのはオレンジ色の花びらをもち、中心部分に黒と黄が入る「スパラキシス・トリカラー」や、花びらがクリーム色や白で中心部分が黄色、紫、黒になる「スパラキシス・グランディフロラ」などの品種です。トリカラーとは、3色という意味で、多くは花弁の中心が黄色と黒色で、それに花びらの色が加わって3色を示します。1つの花の寿命は約4日と短いですが、次々に花が咲くので、咲いてから1か月くらい楽しむことができます。

用土は、水はけと通気性のある土を好みます。市販の草花用培養土、または赤玉土(小粒)6・腐葉土3・軽石1などの割合で混ぜた土を用います。
肥料は、元肥として緩効性化成肥料を施肥し、鉢植え場合には、春の成長期に液体肥料を2週間に1回、追肥します。

ふやしたい場合は、分球か種まきでふやします。
分球は、親球の上の茎についた子球を、掘り上げたときに、親球から外して貯蔵し、秋に植えつけます。子球は開花する大きさに育つまで、2年ほどかかります。種まきでもふやせますが、開花までに3~4年かかります。

主な作業としては、「花がら摘み」、「球根の掘り上げ」があります。
花がら摘みは、花が終わったら、花首のところで切ります。また、葉が黄変する6月には、球根を掘り上げ、秋の植え付けまで、雨のかからない日陰で乾燥貯蔵します。

育成に適した環境

水はけのよい日なたが適しています。日照不足は花つきが悪くなるので、注意が必要です。耐寒性がやや弱いので、冬は、鉢植えの場合、霜の当たらない場所に移動し、庭植えの場合は、マルチングなどで防寒対策をします。

種まきの時期

球根の植え付けは、9月下旬~11月が適しています。鉢植えの場合は、5号鉢に7~8球を目安に、3㎝の深さに植え付けます。庭植えの場合は、深さ5cmで5~7cm間隔で植え付けます。鉢植えの場合は毎年、庭植えの場合は3年に1回程度、植え替えを行います。
なお、庭植えの場合は、あまり早く植え付けすぎると、真冬が来る前に葉が生長しすぎて霜の被害を受けやすくなります。遅めの11月下旬~12月上旬に植え付けるのがお勧めです。

水やり

土が乾いたら、たっぷりと水やりをします。真冬は、寒さで生育が鈍るので、回数を控えめにして、やや乾かし気味に管理します。春に暖かくなってぐんぐん生長すし始めたら、水やりをふやし、水切れさせないようにします。花後、葉が黄色くなってきたら、水やりをストップします。7月~8月は休眠しているので、水やりは不要です。

気を付けたい病気

気を付けたい病気は、軟腐病です。高温多湿時期に発生しやすく、球根に傷があるとそこから菌が侵入して、球根を腐らせます。予防策として、球根に傷を付けない、もしくは傷のある球根は植えないようにすることが大切です。

ミックスされた球根を買う

3色のトリカラーをベースに、掛け合わされた園芸品種は、さまざまな花色があります。球根は、花色が混色されたものが「トリカラーミックス」として流通しているそうです。そのため、花が咲くまで、どんな色か分りませんが、それもまた楽しみになるかもしれません。特に手のかからない球根植物で、植えっぱなしでも大丈夫ですが、冬の霜や凍結に気を付けること、夏の休眠期に水を与えないことなど、何点かポイントを押さえることで、上手に育てられそうです。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。