記事の詳細

5月になると寒い東北や北海道にも遅い春が訪れ、日本各地に多くの草花が開花し始めます。5月は4月と同じくらい多くの種類の草花の花が咲くので、百花繚乱の季節となります。

5月は春に種を蒔いた草花が生長してくる時期なので、夏と秋の2つの季節に花を咲かせるための大事な準備期間です。また、前年の秋に蒔いたり植えたりした植物の手入れ作用も行う時期なので5月に行うガーデニング作業は、大事です。

5月の種まきと植付け

夏と秋に花を楽しむためには5月のガーデニング作業が大事な役割を果たします。5月の連休頃になると気温も高くなってくるので、春に種を蒔いて苗に成長した一年草の草花の苗や球根の植付けをしたり、秋に花を咲かせる草花の種を新たに蒔いたり、忙しい時期です。

春に種を蒔いた一年草のジニア、マリゴールド、ペチュニアなどの草花は苗木ぐらいに成長してくる頃なので夏に花を楽しむためには、庭の花壇やプランターなどに苗の植え付けをします。また、球根類のカンナ、グラジオラスなどもこの時期に植え付けます。

この時期に蒔く種には、朝顔、ケイトウ、ルコウソウ、サルビア、松葉牡丹、小リウスなどがあります。ケイトウは、途中で移植することを嫌う特性があるので、育てたい場所に直接蒔いたり苗木用ポットの中に蒔いたりします。

前の年の秋に蒔いた一年草の草花の多くは、5月の初め頃には花が終わり茎も枯れてくるので、その後片付けの作業も行います。この作業を行うことにより、夏から秋にかけて花が咲く植物も生長しやすくなり、庭もきれいになります。

5月のガーデニング管理

5月の気候は、初夏に向けて太陽の日差しも日を追うごとに強くなってきます。そのため植木鉢やプランターに植えてある植物は土の表面が乾きやすくなってくるので、水やりも大事な作業になってきます。水や土の表面が乾いたら鉢穴から水が流れ出すぐらい十分に与えます。地植えの草花は特に水やりの心配はないですが、花壇などは鉢植えの水やりと同じように土が乾いてきたら草花の株の元を中心に水やりをします。

5月に咲く草花は、花が終わり次第花柄を摘み取ることが大事です。この作業によって植物の株の負担も軽減してくるので、新しい花を次から次へと咲かせてくれます。また、花柄をつむことで、灰色かび病を防ぐこともできます。

施肥は、秋に植えた球根の草花を中心に行います。水仙やシューリップ類などは、花が終わるのを確認してからリン酸、窒素、カリなどが入っている化成肥料を与えます。この肥料は即効性があるので、開花後の植物には効果的です。また、5月頃になっても冬から植えてあるパンジーやジュリアンなどが咲いている場合はカリ分が入った液肥を指定に薄めて施すと、花の開花期間も少し伸ばすことができます。

5月に入って気候が暖かくなると湿気も始まる頃なのでキンセンカなどのように葉のある草花には、うどんこ病が発生しやすくなります。うどんこ病は、葉に白いうどん粉をかけたようになる病気です。うどんこ病が発生したら、細かい茎などを間引いて風通しをよくして薬剤のカラセン乳剤を散布すると防ぐことができます。6月の梅雨入りまでにはまだ間があると思っていても日増しに湿気も高くなってくる5月は、草花の茎や葉を間引いたりして茎まで陽の光が当たって風通しが良くなるようにすることが、うどんこ病の発生を防ぐ近道です。

また、この時期はアブラムシやハダニも発生しやすので、初期の段階でスミチオンなどを散布して、防ぐことがポイントです。

5月のガーデニング作業は、夏と秋に綺麗な花を咲かせるための種まきや苗木の植替えだけでなく、この時期に花が終わって枯れてくる植物の片づけ作業も同時に行うので忙しいです。しかし、やがてやってくる2つの季節に咲く花を想像しながら作業をすると、楽しくできるのではないでしょうか。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。