記事の詳細

野菜やハーブ、とくに野菜を育てるうえで病害虫はどうしても避けては通れません。何も対策をしないと害虫に葉や実を食い荒らされ、私たちと同じように病気にかかってしまうこともあります。その様にならないためにも日頃の手入れを怠らないようにすることがとても大切です。

おもな病気

モザイク病

ほぼすべての野菜に発症し、葉がモザイク状になって奇形になったり腐ったりします。また、アブラムシなどが媒介します。

疫病

トマト・ピーマン・きゅうり・ネギ・ジャガイモなどに発症し、小さな斑点が次第に拡大して、暗褐色の大きな斑点になります。

立ち枯れ病

ほぼすべての野菜に発症し、地際部の茎や根がくびれて褐色に腐敗してしまいます。

萎凋病(いちょうびょう)

大根・トマト・ナスなどに発症し、片側半分の葉に始まり、徐々に株全体がしおれて枯れてしまいます。

べと病

きゅうり・枝豆などに発症し、葉の表面に黄色の小さな斑点ができて、やがて広がっていきます。

炭そ病

きゅうり・ほうれん草などに発症し、葉や茎だけでなく実にも発生します。褐色の丸い斑点があらわれて、後に黒い細かい斑点がたくさんできます。

うどんこ病

ナス・きゅうりなどに発症し、白い粉状のかびが葉の表面を覆います。やや乾燥気味の環境で発生しやすいです。

灰色かび病

トマト・ナス・きゅうりなどに発症し、灰色のかびがあらわれて、枯れた葉などから感染していきます。

禁核病(きんかくびょう)

トマト・きゅうりなどに発症し、茎や葉、実の組織が腐敗してその部分に白い菌糸が密集します。

野菜の場合、本来薬剤を使わずに育てるのはかなり難しいのが現実です。しかし、口に入れる野菜は薬剤を頻繁に使用するのは避けたいので、使用する場合はなるべく微量にとどめて、収穫時は食べる部位をきれいに洗ってから利用するようにしましょう。

おもな害虫

アブラムシ

ほぼすべての野菜に発生します。集団で密生して直接汁を吸って害を与えます。また、多くのアブラムシはウイルス病を媒介します、

アザミウマ

トマト・ナス・きゅうり・ネギに発生します。茎・葉・実の汁を吸ってあとを残します。病気も媒介します。

ヨトウムシ

ダイコン・じゃがいもに発生します。ヨトウガという蛾の幼虫で葉を中心に食い荒らします。

オオタバコガ

トマト・ピーマン・ナス・きゅうりなどに発生します。イモムシ型の幼虫が、葉・茎・実を食い荒らします。

コナガ

ダイコンなどのアブラナ科の野菜に発生します。イモムシ型の幼虫が、アブラナ科の野菜のみを食い荒らします。

ハモグリバエ

トマト・ナスなどが対象に発生します。幼虫が葉を食い散らし、白い線状のあとが残ります。

センチュウ類

トマト・きゅうり・ダイコン・にんじんなどに発生します。根が膨れてこぶ状になったり、食い荒らしたりします。マリーゴールドを植えると防ぐことができます。

テントウムシダマシ

トマト・ナス・ピーマン・ジャガイモなどに発生します。成虫・幼虫ともに、ナス科の野菜の葉を食い荒らします。

キアゲハの幼虫

多くの葉物野菜に発生します。多くの葉物野菜、ニンジンなどの葉をどんどん食い荒らします。

害虫を発見したらまず駆除することが大切です。そして害虫に食べられた葉や箇所はすぐに取り除いて、ほかの部分にうつらないようにします。ローズマリーなどのように防虫効果の高いハーブを一緒に育てるのも効果があります。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。