記事の詳細

ガラス製の容器で植物を育てるテラリウムは、新しいガーデニングとしてよく耳にしますよね。
とは言っても、ガラス容器で育てるとなると通気性はどうなのか、蒸れて枯れてしまうのではないか、などと心配です。

そこで、湿った環境を好む苔を使ったテラリウムに挑戦してみませんか。

苔を使ったテラリウムに必要なもの

盆栽を扱うような園芸用品店やホームセンターでも販売されています。
インターネットでも手に入ります。
まき苔用の苔の種もありますが、テラリウムでは苔シートを使うとよいでしょう。
最初はハイゴケやヤマゴケ、シノブゴケあたりが扱いやすいのでおすすめです。

ガラスの容器

容器はテラリウム専用の容器でなくても、ご家庭で使わなくなった食品用の瓶でも大丈夫。
雑貨屋で気に入った瓶やガラスの鉢を購入してもいいですね。
苔を育てる前に容器はよく洗い、乾燥させて日光消毒を行います。

基本は赤玉土とケト土、それに燻炭や富士砂、小粒の軽石いずれかを混ぜたものを使います。
水耕栽培用のハイドロボールでも代用できます。

根腐れ防止剤

土や水が傷んでしまわないように、根腐れ防止剤を使用しましょう。
「ミリオンA」が有名です。

ピンセット

瓶の口が小さいものだと、長めのピンセットは欠かせません。
菜箸でも代用はできますがピンセットのほうが扱いやすいです。

作り方

苔を育てるテラリウムの作り方はとても簡単です。
ガラス容器の底に根腐れ防止剤を敷いてから、土を入れます。
そこにお好みの苔を固定するだけ。
基本はこの手順で作ります。
そこから応用していきましょう。

苔玉を入れる

根腐れ防止剤と土を敷いたところに、苔玉を置きます。
苔玉は、余った土を丸いボール状にしてから苔を貼り付けて作ります。
苔を貼ったあとは、テグスなどナイロン製の糸で苔玉をぐるぐる巻いて苔を土に固定します。

ヒノキゴケを育てる

苔庭でよく利用されるヒノキゴケ。
山地でコロニーを作って生息する大型の苔です。
別名「イタチノシッポ」とも言い、その名の通りふさふさとした柔らかな葉が特徴です。
ヒノキゴケをテラリウムで育てる場合は、縦に長い瓶がお勧め。
瓶の底に根腐れ防止剤と土を敷いてから、ヒノキゴケを固定します。
ピンセットなどを使い、根元をしっかりと土に植えこみましょう。
石などを同時に飾ると、自然の景色のような味わいが出ます。

シダ植物と育てる

適度に湿った明るい日陰を好む苔。
苔が育つ環境とシダ植物が育つ環境はよく似ています。
そこで、苔とシダ植物を一緒に育てるテラリウムはいかがでしょうか。
シダ植物でもトキワシノブは土に根を生やさないで、苔などに着生して育ちます。
こちらも縦に長い大き目の容器がおすすめです。
根腐れ防止剤と土を敷いたところに、苔を定着させます。
そこに株分けしたトキワシノブなどのシダ植物をピンセットで植えていきます。

苔を使ったテラリウムの管理方法

基本的には、苔が育つ環境と同じ半日陰の場所で管理します。
乾燥しないように注意するほか、苔をテラリウムで育てる際に特に気をつけるポイントは次の2点です。

直射日光

苔を育てるには、ある程度の日光は必要です。
しかし直射日光が長く当たる場所で管理するのは避けましょう。
ガラス容器の中が直射日光にさらされると高温になり、中の苔などの植物が傷むからです。

乾燥しないように霧吹きなどで水やりは欠かせません。
ちなみに湿った環境でも育つ苔ですが、蒸れは苦手です。
水やりで水分を与えすぎると蒸れてしまいますし、カビの原因にもなります。
水をやりすぎたときは、しばらく容器のふたを開けておくか、丸めたティッシュで水分を吸い取りましょう。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。