記事の詳細

暖かくなると旅行に出かけたりして家を留守にする機会も増えてきます。その際、鉢植えにしてある植物に水を与える対策をすっかり忘れて出かけて“ほったらかし状態”にしてしまい、植物を枯らしてしまったことはないでしょうか。

植物は生き物なので家を留守にする際は、植物を枯らさない水やり対策をしてから出かけることが大事です。この水やり対策として、自動と手動の水やり器を使った2つの方法があります。

自動水やり器

留守中に鉢植えの植物をほったらかしにしても枯らさない方法として、自分に変わって水やりをしてくれる、電気を使ったタイプと使わないタイプがあります。

電動の自動水やり器は、水道に直結させるものと容器に水をためて使う2つのタイプがあり、ベランダでも使えるタイプもあります。水道に直結させたりくみ上げたりする自動水やり器は、電気のコンセント、配線や水道の蛇口や水道管の位置に等によっては使える器具の種類も異なってくるので、事前に調べてから購入することが大事です。

電気を使わない水やり器は、電気使うタイプより比較的安いです。水を吸収している特殊なスポンジが入っているビニールパックのものや貯めた水を素焼きの給水器を使ってチューブを通して水を供給するものなどがあります。

どのタイプの自動水やり器は留守中に植物をほったらかしにしていても水やりをしてくれるため自分の生活環境にあった水やり器具を選んで、活用することがポイントです。

手作りの水やり器

留守中に植物をほったらかしにして枯らさない対策として、自動水やり器もいいですがお値段が高かったり、自宅の環境に合う水やり器が見つからなかったりすることもあります。しかしながら、鉢の大きさが8号位までで留守中の期間が短い場合は、手作りの水やり器で代用することができます。

用意するものは水を与える植木鉢の高さ同じ、あるいはそれ以上の高さの台、深めのバケツとさらし(手ぬぐい等)の布です。

最初に鉢の側にバケツを置く台を置き、その上に水をたっぷりいれたバケツを置きます。そして、さらしの布で作った紐を入れます。使う道具や材料、そして仕組みも簡素な手作りの水やり器です。

さらしの布は細く切って紐として使い、バケツから植木鉢に水を供給するチューブの役割を果たします。この紐は、バケツに入れる方の先端に重めの洗濯はさみや大きめのクリップ(文房具用)をつけて、水が入っているバケツの中に沈めます。もう一方の紐の先端は、植木鉢の土の中に埋めて竹串などをさして取れないように固定します。この紐の長さは、鉢とバケツまでの距離によって調整しますが、ピーンと張るのではなく若干たるみがあるようすることがポイントです。また、この紐として使う布は、水の吸水性が良い布ならば、これら以外でも大丈夫です。

しかしながら、手作りの水やり器は電気をつかったものとは異なるので事前にリハーサルをすることをおすすめします。また、このリハーサルは植物をほったらかしにしないためにも、良い予行演習となることでしょう。

家を留守にして旅行等を楽しむことも大事ですが、日頃より丹精込めて育てている植物の管理も大事です。留守中、ほったらかしにしても植物を枯らさない対策として自動や手動の水やり器を準備してから旅に出てみませんか。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。