記事の詳細

ガーデニングの土選び

植物を栽培するにおいて1位2位を争うほどの重要度を誇る「土」

土壌環境が違うという理由も一理あるために、食物である野菜もその国その地域で形を変えていくように

花も同様、土がよければきれいにすくすく成長していきます。

まずは槌についての必要知識を学んでいき、ガーデニングの第一歩を踏み出しましょう

土の役割とは?

土は植物の成長を様々な面からサポートしています。土がなければ常に人間が栄養分や水を与える必要があり、植物を育てるのは難しくなります。植物に対して土が担っている役割には、「土台になる」「栄養補給」「悪影響から守る」「温度調節」があります。土が植物の土台になることによって、植物が根を張り成長することができるのです。また、土に含まれている栄養分を吸収して植物が育ちますので、土は植物の栄養補給の役割も担っています。それだけでなく、外的要因に敏感な植物の根を守る役割も果たし、植物に悪影響をもたらす害虫から植物を守ります。 さらに適度な温度調節を行い、植物が急激な温度の変化にも対応できるようにサポートしています。

実際に土を触ることからトライ!!

土を用いて植物を栽培する場合、その土は植物にとって「家」であり、また「食事」であるともいえます。根を張るのに適した状態ではないのに、すくすくと健康に育つことを期待するのは酷というものです。まずは自分の庭の土がどのような状態なのかを知りましょう。水はけは?水もちは?パサパサ?ネットリ?庭の中でも、場所によって土の状態は違うはずです。

自分の手で触って確かめることに慣れておけば今後も安心でしょう。

具体的に良い土って?

良い土の条件には、排水性、保水性、通気性、保肥性が良いことが挙げられます。園芸用語でいう「団粒構造の土」が、この「良い土」にあたります。団粒構造とは、砂や粘土など様々な土の粒子(単粒)がくっつきあって小さな固まり(団粒)を形成して重なっている状態のことです。団粒と団粒の間には大きなすき間、団粒の中には小さいすき間があり、それぞれ排水、通気、保水、保肥に役立ち、植物が根を張りやすい環境となっているのです。 こういった良い土は、フカフカとしていて良い匂いがします。もし庭の土がこのような良い土でなかったとしたら、堆肥や腐葉土といった有機質を混ぜこむことで土壌を改良することができます。まずは土を知り、植物が育ちやすい環境を作りましょう。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。