記事の詳細

寒い冬が終わるとガーデニングを楽しむ春の季節がやってきます。春は、初夏から夏にかけて咲く花の種まきシーズンでもあるので街の花屋や園芸店の店先には、春の種まきにおすすめの花の種が沢山陳列されています。特に春の種まきにおすすめの花は、百日草、アスター、カーネーション、久留米けいとう、撫子、千日紅の6種類です。

どの花の種も100円ショップの「ガーデニング100均」でも購入することができ、失敗しない種まきの仕方をすれば、初心者でも初夏から夏にかけてきれいな花を咲かせることができます。また、花の種類によっては、来年も花を楽しむことができます。

6選のおすすめの理由

春の種まき用として、これら6選の花をすすめる理由は、地植えだけでなくプランターや植木鉢に植えてベランダでも楽しむことができることです。また、切り花用にもなるので花瓶に挿して部屋に飾ったり、花束を作ってプレゼントしたりすることもできることです。「ガーデニング100均」で花の種を購入する際、花に合う花瓶や花束のラッピングペーパーなども一緒に揃えると楽しいです。

別名「ジニア」とも呼ばれている百日草は、夏から秋にかけて咲く花です。夏を代表する花の一つである久留米けいとうは、名前の如く、花の形が鶏の頭に似ています。特に真っ赤な花の品種は、花壇などを引き立ててくれます。暑さや乾燥に強い千日紅は、夏から秋にかけて花を楽しむことができます。

キク科の植物であるアスターは小さな小菊のような花が咲きます。花の色は赤、紫、青、白、黄色などあり、一重咲や八重咲など種類も豊富です。カーネーションは、庭に植えたりや鉢に植えにしたりして楽しむこともできますが、切り花としても人気がある花です。他の6種類の中でも種まきが早春からできる撫子は、日本人には馴染み深い花です。

これらおすすめの6種類の花の中で百日草、久留米けいとう、千日紅は、一年草なので、植え替える必要がないです。他の3種類のアスター、カーネーション、撫子は、多年草なので、育て方次第では来年もきれいな花を楽しむことができます。

失敗しないまき方

100均で購入した花の種でも、失敗しない種のまき方をすれば、初夏には綺麗な花を咲かせることができます。そのポイントは、種袋の裏側に書かれている説明を良く読むことと発芽をさせることです。

失敗しない種まきの第一歩は、最初に種袋の裏に書かれている説明を読むことです。種を袋から取り出す前に、種まきや育て方について書かれている説明内容をじっくりと読んでから種まきを始めます。

また、春にまく花の種の多くは気温が20度C以上にならないと発芽しにくいので、最初から種まき用のポットに種をまくと失敗しやすいです。そのため、最初にタッパー容器の中で発芽させてから種まき用ポットにまいた方が、失敗することが少ないです。手順として、タッパー容器の中に湿らせたガーゼやペーパータオルを敷いて、その上に種をまき暖かな場所で乾燥に注意しながら管理します。種はある程度温度が高くて日中と夜の温度差がある環境に置くと発芽しやすいです。

おすすめの6選で楽しむ春の種まき

春の種まきにおすすめの花・6選は種まきが初めての人にとっても育てやすい花の種類です。花の種は「ガーデニング100均」で2袋100円のお手頃価格で購入できるので春になったら、おすすめの花・6選の種まきしてみませんか。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。