記事の詳細

水やりはガーデニング、家庭菜園などで一番頭を悩ます問題といえば、留守中の水やりについてです。花壇や畑などの地植えのものに関しては雨が降ったりすることを考えると、それほど問題ではありませんが、鉢植えやコンテナで育てるものに関しては、水切れは深刻な問題となりえます。
水やりの間隔が開きすぎることで、植物の育成にとって必要な水分が足りなくなったり、害虫や病気にかかりやすくなってしまったりなどデメリットがたくさんあります。
留守中や水やりの時間がないときに使える方法をご紹介します。

手軽にできる水やり対策

自動の水やり装置やペットボトルを使う方法などがありますが、少し工夫するだけでできる対策もあります。
鉢植えなどの場合は、室内や湿気の多い場所に移動させることで乾燥をある程度防ぐことができます。
更に、鉢植え全体を覆う方法もあります。市販のセロハンなどで覆うことで、乾燥から植物を守ります。ただし、密閉した状態になるため、夏場はこの方法は避けましょう。
また、移動できないものの場合、土の表面が風に触れないようにブルーシートなどで覆うと乾燥対策として有効です。

便利道具を活用した留守の間の鉢植えの水やり方法

最もメジャーな方法は、ペットボトルを使った水やりの方法です。
最近では、100円ショップや園芸店などでペットボトルの先端に差し込んで使う水やり装置なども販売されています。この装置の使用期間の目安は、2リットルのペットボトルを使用して約3日程度です。日中に暑くなる日当たりのいい場所などは水が蒸発してもっと早く空になることもあるので、1日~2日位の短期間留守にする際に使用するのがおすすめです。
よく見かける方法で、鉢植えの受け皿に水を張っておく方法がありますが、ほとんど効果がありません。
受け皿に入れただけでそのまま置いている水はすぐに蒸発して乾燥してしまうため、意味がありません。

また、水回りなどに移動させて保水させる方法もあります。水を張った浴槽などに布を浸し、その布を鉢植えの下に敷いて根の方から水を吸収させるやり方です。ペットボトルに比べて水は長持ちしますが、日当たりを捨てることになるため葉がしおれる可能性もあります。

ガーデニング用の自動水やり装置を使用する

自動潅水装置といいます。ホームセンターや家電量販店などでも取り扱いがあったります。あらかじめタイマーでセットした時間に、自動で水を撒いてくれる装置のことです。
非常に便利な物ですが、少し高めです。平均価格は1万円から2万円程度です。更に、付属品をそろえる必要がある場合が多いため、実際にはもっとコストがかかります。

普段から乾燥になれさせておく

普段からあまり頻繁に水を与えずに育てて置くと、少しの水切れでも枯れない強い植物になることがあります。水やりの目安よりも少なめに、土が乾いてから水を与える手法です。
ただし、この方法は乾燥を嫌う野菜には向きません。また、むやみに乾燥させたりすると、枯れてしまう原因になります。経験や知識、見極めが重要なため、ある程度家庭菜園の知識がついてから実行することをお勧めします。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。