記事の詳細

寒さから身を守るためには、体を温める食材の食事をとることはとても重要です。そこで、ガーデニング、家庭菜園で育てることができる、体を温める野菜についてご紹介します。

体を冷やす野菜と温める野菜

野菜には、体を冷やすものと温めるものがあります。体を冷やす野菜の代表的なものとして、トマト、キュウリ、スイカなどの夏に収穫される作物があげられます。これは、水分が多く体を冷やす効果があるためです。

体を温める効果のある野菜として有名なのは、生姜やネギ、大根、カブ、ゴボウなどです。これらの食材には、ビタミンが豊富で、血行を促進する効果や鉄分の吸収を促進する働き、血管の機能を向上させる働きなどがあります。

体を温める食べ物とは

寒い地方で採れる食材には、体を温める効果があります。寒冷な気候で育つ植物は、寒さに耐えるために栄養をよく蓄えます。一般的に果物は食べ過ぎると体を冷やすと言われますが、リンゴやサクランボ、ブドウなど涼しい高地で育つフルーツは体を冷やすことがありません。
また、冬にとれる食材は体を温める効果があります。大根、白菜、カブなどの、冬が旬の野菜には体を温める効果があります。また、旬の時期には、他の時期と比べて野菜自体の栄養価が高くなっています。旬を意識して食べることで、その野菜の栄養をより効果的に体に取り入れることができます。鍋などの具材として、生姜などの薬味と一緒に取ればより効果的に体を温めることができます。

色の濃く黒いものや土の中で育つ食材も体を温める

色が黒い食材の代表として挙げられるのは、黒豆、小豆、わかめ、のりなどです。この3つはどれも体を温める食べ物です。美容に敏感な女性などは聞いたことがあるかもしれませんが、冷え性などの対策として黒豆茶を飲むことは知られています。
また、土の中で育った人参、大根、ごぼう、レンコンなどの根菜類や、ジャガイモなどのいも類など地下でエネルギーを蓄えた食材は、体を温める効果があります。
夏の野菜に水分が多く含まれているために体を冷やすことはすでに説明しましたが、逆に豆類など水分量の少ないものも体を冷やしません。
また、塩分濃度の濃い食材も、体を温める効果があります。寒い地方の料理などの味付けが濃いめなのはそのためです。
更に、醤油やみそ、漬物、納豆などの発酵食品も体を温める効果があります。

調理方法にも工夫を

体を温める食材についてご紹介いたしました。食材自体もそうですが、調理方法や一緒に摂るものによっても効果は変わってきます。偏った食事にならないためにも、鍋やポトフなどのスープ料理での調理がおすすめです。できるだけ多くの食材の品目を、バランスよく食べるようにしましょう。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。