記事の詳細

リアル店舗のバラ専門店は、大きく分けて2つに分かれます。

1つはバラの販売をメインにしている店舗と、もう1つはバラ園等に併設されている店舗です(ホームセンター等はバラ専門店ではないので今回除外)。基本的にバラを専門的に扱っているという面では同じですが、それぞれで特徴があります。

特に、バラ園に併設されている店舗は、そのシーズンだけ場所を借りている店舗や通年でバラ園が運営している店舗などがありますので、シーズン外れの場合に購入を目的に訪れるのならば、事前チェックをした方がよいでしょう。但し、シーズン外れは、店舗がオープンしていても、品数はそれなりの可能性がありますので要注意です(これはどこでも一緒かも知れませんが)。

リアル店舗のメリットとデメリット

先ずメリットは、

①実際に苗なり、タイミングが合えば咲いているバラの実物を見て購入することが出来る
②購入時に専門家のアドバイスを受けやすい
③輸送費が掛からない

が挙げられます。

正直、今までも写真等で欲しいと思って購入したバラが、見ていた写真と違う!ということが何度かありました(あくまでも期待値込みの想像とは違うということで品種間違いではありません)。ですからやはり咲いているバラを見て買うことに勝るリスク回避はありません。

特にバラ園と併設されている店舗では、苗だけでは分からない実際に植えられている状況がわかる場合も多いのでこれから育てる上で非常に役に立ちます。

また、迷った時に的確なアドバイス店員さんからその場で貰えるのも助かります。インターネットのコメントだけでは分からない、専門店の店員さんだから分かる育て方や品種の特徴なんかも教えて貰えます。

個人的には、同じ品種の2つの苗を比べてどっちが良いかななんて考えながら購入するのも結構楽しみの1つでもあったりします。

あと、お店に行く労力は掛かりますが、輸送費は掛からないのでその分リーズナブルと言えるかも知れません。

デメリットも同様に
①店舗にあるバラから選びがちであること(選択肢が少ないかもしれない)
②バラが咲いているとは限らない
特に初心者の頃は、何買ってよいか分からないまま、薦められたバラ苗を購入して失敗なんてこともありますので、咲いているバラを見ることの重要性は高いです。
私も初心者のころとあるリアル店舗で、ピンクと赤のつるバラが欲しいと伝えて、在庫にあったバラ苗を購入しましたが、実際に咲いたピンクのバラはあまりにもイメージと違っていたのを覚えています。
既に植え付けていたので返品も出来ませんでしたので、その後も育てましたが結局そのバラはダメになってしまいました。育てるのに愛情が少し足りなかったのかも知れません。
また、バラ苗の実物を見ることが出来ますが、咲いている時期は限られますので、実際に咲いているバラを見られるとは限りません。そうなるとやはり事前の予習が必要になります。

結局どこでバラを買う?

結論として、私のお薦めする初心者のバラ専門店の使い方
①事前にHP等で情報を入手し、ある程度欲しいバラの目星をつける。
②出来ればそのバラが咲いているところを実際のお店やバラ園で確認して購入
という合わせ技ですが皆さん如何ですか?

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。