記事の詳細

夏は暑いので花壇を作る場合は、自然の風が吹いてくるような雰囲気のある花壇づくりがポイントです。その際に夏の花壇づくりにおすすめの草花は多年草と一年草の2種類があります。

夏の花壇づくりに必要な多年草や一年草の草花は、春になったら準備を始めます。

おすすめの草花2種

夏の花壇づくりにおすすめの草花2種である多年草と一年草の種類は沢山あります。背丈のたかいものから低いものまであるので、それぞれの特徴を上手に引き出しながら選んで植え付けることが大事です。
多年草の種類には、背丈の高いプンクタータ、タカノハススキ、背丈が中ぐらいのハクチョウソウ、背丈が低い宿根草のバーベナなどがあります。購入したり育てたりした多年草のポットの苗は、遅くても梅雨に入る前までには、花壇に植え付けておきます。

一年草の種類には、背丈の高いヤリゲイト、オシロイバナ、クレオメ、背丈が中ぐらいのサルビア、ハツユキソウ、メランボジュ―ム、背丈が低いアゲラタム、トレニア、マリーゴールドなどがあります。一年草の草花は、桜の花が散り始めたら頃になったら種を蒔いて苗を育てると、夏の花壇で活用することができます。

夏の花壇づくりのポイント

夏の花壇づくりのポイントは自然の風が吹いているように作ることです。後ろの方に多年草や一年草の草花の中で背丈の種類のものを植えて、前の方には背丈が低いものを植えることがポイントです。

前の方に植える草花は、後ろに植える草花の株元を隠してくれるので、背丈の低い草花で花が小さい種類のものを植えると良いです。その際、株と株の間はややくっつけて植えると引き立ちます。
また、丈が低い草花の中に中ぐらいのもや丈が中ぐらいのものの中に丈が高いものなどを混ぜて植えると、風の向きによっては草花が見え隠れするので、一層自然に近い花壇になってきます。

多年草や一年草の草花の種類によっては他の草花と区別をしてまとめて植えることも良いですが、他の草花との境界の部分をはっきりさせない方が自然の雰囲気が出てきます。また、他の種類の草花と境界が入り混じっているので、草花の変かも楽しむことができます。
花壇に植えた草花は、傷んだり枯れてしまったりした株は取って新しい苗を植えます。また、病気にかかった株を見つけた場合も、早めに対応することが大事です。新しい苗を植える場合は、既に植えてある株より少し高めに土を盛り上げて植えます。その際、堆肥や牛糞などの肥料を土の中に追加してから植えます。

夏の花壇の施肥は、あまり肥料を与えない方が良いです。草花全体が大きくなってしまうので、まとまりのない花壇になってしまいます。

夏の季節は温度が高くて湿気が多いですが意外と乾燥しているので、忘れずに水やりをします。

夏の花壇で綺麗に花を咲かせてくれた一年草の草花は、夏の終わりごろになったら抜いて秋に花を咲かせてくれる一年草と入れ替えて植え付けます。翌年の夏は、同じ品種の一年草を植えてもいいですが、新しい品種を植えると、夏の花壇のイメージも変わります。

自然の環境に近いように草花を植える夏の花壇づくりでは、草花の配置に対してあまり神経質にならないで、それぞれの一年草と多年草の草花が生き生きするように植えることが大事です。日差しが暑い夏でも、自然に近い雰囲気のある花壇は、どこか心が和むところがあります。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。