記事の詳細

ガーデンングの楽しみの一つと言えば、四季折々rの花を楽しむことです。季節ごとに咲く花を育て、様々な表情のお庭を楽しみましょう。

春の庭を彩る植物

ヒヤシンス・ノースポール・チューリップ・アジサイなどがあります。
中でも、ヒヤシンスとノースポールは水を控えめに与えればよいので初心者の方にもおすすめです。

チューリップは水を好み、ヒヤシンスとノースポールと比べ肥料をあげる時期が長く中級者向けです。

夏の庭を彩る植物

アサガオ・ペチュニア・ハイビスカス・ポーチュラカ・アメリカンブルー・日々草(ニチニチソウ)などがあります。
夏ということもあり水を好む種類が多く、こまめな水やりが必須になってきます。その分、ほかの時期の花よりも色鮮やかでさまざまな色があります。
おすすめは、アサガオ・ハイビスカス・日々草です。アサガオなどは小学校で育てた経験のある人も多いはずです。
種を植え、ある程度ツルが伸びてきたら支柱を立てます。淡い色が夏の朝にピッタリです。
次にハイビスカスは、夏の暑さや、直射日光に強く肥料、日光、水やりをすればほぼ毎日大きな花が咲きます。意外にも、ガーデニングをする男性に人気の高い花でもあります。
日々草は、淡いピンクの爽やかな花です。可憐な見た目をしています。

秋の庭を彩る植物

カーネーション・コスモス・パンジー・ビオラなどです。どれも有名な花ですね。
カーネーションは虫が付きやすく、病気にもかかりやすいので中級者向けとなっています。育てる際はこまめに、注意して観察しましょう。
コスモスとパンジー・ビオラは初心者の方におすすめです。コスモスは丈夫で育てやすく、日当たりと水はけの良い土であれば土質は選びません。
パンジー・ビオラは開花時期が長く、整った姿勢を保つことや害虫にも強いことから初心者にもおすすめです。

冬の庭を彩る植物

シクラメン・クリスマスローズ・デージーなどがあります。
このなかでも特におすすめはシクラメンです。水を好みますが室内で育成するので寒い日に外に出るのが苦手な方や外にスペースが無い場合に向いています。
クリスマスローズは外の半日陰での育成ですが、寒さに強く、水も控えめでいいので冬にぴったりです。
その他にも、四季折々の花は違った表情で私たちの目を楽しませてくれます。
春は華やかな庭、夏は色とりどりの庭、秋は落ち着いた庭、など、季節ごとにテーマや雰囲気を変化させてみることで、さらにガーデニングが楽しくなります。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。