記事の詳細

ガラスの瓶の中で小さな世界を作れるテラリウム。
ガーデニングとしても、インテリアとしても人気があります。

植物をガラスの容器の中で育てるといっても、特に専門的な知識もいりません。
基本的に普段のガーデニングの知識でじゅうぶんなので、手軽に始めることができます。

容器の中でも育てられそうな大きさの植物があれば、テラリウムに挑戦してみてはいかがでしょうか。

テラリウムの基本

培養土は育てる植物によって変えます。
その植物専門の土を使うと便利ですが、ない場合でも様々な土をブレンドしたり、代用したりできます。

アクアリウム用のソイルを使ったり、バーミキュライトやビートモス、赤玉土をブレンドしたり、砂や鹿沼土を加えて水はけをよくします。

また、テラリウムでは底に穴が開いていない容器を使うため、水が溜まりやすくなります。
カビや根腐れの原因になってしまいますので、「ミリオンA」などの根腐れ防止剤は必須です。

容器

テラリウムだからと言って、なにも専門の容器を購入する必要はありません。
ご自宅で使用した空き瓶や100円ショップで売っているプラスチックでできた透明の容器でも大丈夫です。
食品用の瓶は蓋もついているので、育てる植物によっては管理がしやすくなりますよ。

道具

土と植物以外でテラリウムで必要なものをご紹介します。
これ以外も必要に応じて足していきましょう。

・霧吹き
エアプランツや苔などの水やりに使います。

・スポイト
水やりで葉を濡らしたくない植物などに使います。

・ハサミ
医療用のハサミは細長いのでテラリウムではおすすめです。

・絵筆
容器の内側についたほこりなどを取ったり、土をならすのに使います。

・ピンセット
植物を植え付ける時に使います。

・スプーン
スコップの代わりです。菜箸などで長く細工してもいいでしょう。

・その他の装飾品
石や木、動物のフィギュアなどをお好みで飾りましょう。

瓶で育てるエアプランツ

エアプランツとは、パイナップル科のハナアナナス属の植物の総称です。
岩などに着生し葉から空気中の水分を吸収することから、「エアプランツ」と呼ばれるようになりました。

テラリウムで育てる際には、土ではなく小さめの石に着生させます。
石の色は白などの明るめの色のものが、エアプランツとの相性がいいです。

エアプランツを石に固定したい場合は、水草をエアプランツの根元にしっかり巻き付けてから、水草に接着剤などをつけて貼り付けます。

エアプランツは空気中から水分を補給するため、水やりはさほど必要としません。
しかし全くやらないのでは枯れてしまいますので、乾燥気味を保ちつつ葉に霧吹きで水やりを定期的に行いましょう。

瓶で育てる多肉植物

乾燥した環境を好む多肉植物は、水やりの手間があまりかからないのでガーデニングでも人気があります。
ぷっくりとした肉厚な姿は、インテリアとして育てられることもありテラリウムにもぴったりです。

土は多肉植物用の土が市販されているので、そちらを使うと管理が楽になります。
もし園芸用の土しかなければ、赤玉土や軽石、川砂など肥料分がなく水はけのいい土を混ぜましょう。

多肉植物は常に土が湿っていると根腐れを起こしてしまいますので、2~3日で乾く土が理想です。
テラリウムで多肉植物を育てる際は、直射日光を避け明るい風通しのいい室内に置きましょう。
日光が全くないと、徒長してひょろひょろとした姿になってしまうので置き場には気を付けてください。

また水やりは多くて4~5日に1回、長くて2週間ほど間をあけます。
スポイトなどの先の長いものを使って、多肉植物の根元に注ぎましょう。

瓶で育てる観葉植物

小型の観葉植物なら、テラリウムでも育てることができます。
縦に長く伸びる植物は縦に長い瓶を使うといいでしょう。

また様々な大きさ、高さの植物を組み合わせて寄せ植えにしてはいかがでしょうか。
寄せ植えでは好む環境が同じ植物同志を組み合わせましょう。
また、食虫植物を組み合わせると面白味がでてお勧めです。

土は観葉植物用の培養土がベストです。
観葉植物の多くは、水はけと通気性のよい土を好みます。

その一方で肥料分が多いと虫がついてしまうので、肥料は控えめにします。
自分で土の配合する場合は、赤玉土6割に腐葉土3割、その他鹿沼土などを植物の性質に合わせて混ぜて作りましょう。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。