記事の詳細

ラックにもいろいろな種類があり素材もさまざまです。最近流行っているのが脚立のような形をしたラックです。置くだけでナチュラルな雰囲気になる木のラックは簡単におしゃれなお庭やガーデニング空間を作ります。
金属製のラックはすっきりとエレガントな印象になりますし、100円ショップの材料を使いDIYすることもできます。

ラックの種類

木製

圧倒的におしゃれなのは3段ほどの脚立状のガーデンラックです。階段状のものもいいですね。コンテナが組み合わさたものなどもあり形はさまざまあります。オイルステイン加工してあるものがナチュラルでおすすめですが、白い塗装がしてあるものなど色のついたラックもあります。

金属製

金属製のラックは細身で華奢な印象のエレガントなラックが多いです。飾りのついたものがあったり、唐草模様がデザインされていたりといろいろです。お部屋や飾る花の雰囲気にあわせて選ぶとよいですね。

手作りしてみましょう

材料/すのこ5枚 クギ18本 白・少しくすんだ水色のペンキ ペンキ用のハケ

100円ショップですのこを5枚買ってきます。クギとペンキ、ペンキ用のハケはホームセンターなどで購入しましょう。、床などが汚れないように新聞紙を用意して準備完了です。

1)まずすのこを2枚外側に向けて立てます。(底の部分が内側にくるように)底の足の部分にもう一枚すのこをのせて上からクギを打ってとめます。これをすのこの足の部分3か所すべてに取り付けます。クギは足の部分両側3か所ずつ打ちましょう。

2)できあがったらはじめに水色のペンキを塗ります。水色のペンキがしっかり乾いたら上から白のペンキを塗っていきます。雑に塗ることがポイントです。少し剥がれたような味のあるペイントをするとおしゃれになります。白いペンキが乾いたらサンドペーパーをかけるとよりアンティーク感が出るのでおすすめです。

ペンキの色は好きな色を使ってみてください。濃い色やくすんだ色を使うと味のある雰囲気に仕上がります。

ラックに飾る植物

ラックに飾る植物は比較的小さめの鉢に植え付けた単品の植物がおすすめです。小さなプランターなら寄せ植えに挑戦してもいいですね。どんな植物が合うか少しご紹介しましょう。

多肉植物

手間がかからず育てやすい多肉植物は日当たりの良い場所で育てましょう。多肉植物は緑色だけではなくいろいろな色があるのをご存じですか。見た目もかわいいのでファンも多いです。中には多肉植物を寄せ植えして売っているものもあります。

サボテン

多肉植物の中でも特に人気のあるサボテンはインテリアとして愛されています。砂を混ぜた水はけの良い土で育てます。雨に当ててはいけません。室内の日当たりの良い場所に置いておきましょう。

観葉植物

小ぶりな観葉植物ならどんなものでも合います。アジアンタム、オリズルラン、セローム、タマシダ、ワイヤープランツ、アイビーなどが有名です。

ハーブ

ハーブは料理に使えたり香りが良いものが多いので育てて利用してみてください。セージ、チャービル、バジル、ラベンダー、レモンバーム、ローズマリーなど。

小鉢に植えた花

あまり背が高くなりすぎるものは向いていませんがどんなものでも基本的には飾って楽しめます。

室内やベランダなどを想定してご紹介してきましたがお庭に置くなら大きなラックに仕立てた植物たちを飾ってあげるといいですね。縦に空間が使えるのでよりたくさんの鉢植えを楽しむことができます。ぜひお試しください。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。