記事の詳細

ラベンダーは湿気のある場所と温度が高い場所では、育てることは難しいです。しかし、いろいろな新しい品種が販売されているので、育てる環境にあった品種を選ぶと、多くの場所でラベンダーの花と香りを一緒に楽しむことができます。

初夏になるとラベンダーの開花が始まります。この時期に花を楽しむためのおすすめはストエカスラベンダーのラベンダーとその仲間6品種です。

花楽しむためのおすすめ6品種

おすすめの6品種は、フレンチラベンダーであるストエカスラベンダーとその仲間であるルイジェリーラベンダー、エイボンビュー、ペダグラータ・ラベンダー、キューレッド、白花ストエカスラベンダーです。ストエカスラベンダーは、花穂が短くしっかりしていて、抱葉が細長いことが特徴です。この品種の原産地は地中海沿岸からスペイン、ポルトガル、そしてギリシャまで続いています。

ストエカスラベンダーは、他の5品種の中では、一番葉の長さが短いです。花の色は濃い紫で花の開花時期は4月から5月頃です。株全体の大きさも60センチくらいなので、コンパクトにまとまりやすく育てやすい大きさです。

ルイジェリーラベンダーは、原産地がポルトガルです。花の色はストエカスラベンダーに比べてやや薄いですが紫色をしています。草丈は90センチくらいまで伸びますが、株の形が乱れたりしないので、観賞用には向いています。

エイボンビューは、南半球のニュージーランドで開発された品種です。花の色は、やや赤紫色をしていますが、草丈もルイジェリーラベンダーと同じぐらい成長しますが、鉢植えにしてテラスに置いても引き立ちます。

ペダグラータ・ラベンダーは、花柄が他の品種より長いことが特徴です。キューレッドは、花の色が赤系なので、紫系のラベンダーの花とは異なります。英国のガーデニングなどでよく使われている品種です。花も沢山さき、株の大きさも小さいので、鉢やコンテナに植えて楽しむことができます。また、寄せ植えには向いている品種です。

白花ストエカスラベンダーは、ストエカスラベンダーの白花の品種です。花が白いだけでなく抱葉まで白いです。

これらの6品種のラベンダーとその仲間の品種は、花を楽しむためにはおすすめです。また、高温多湿に強いので、春から初夏頃まで花を楽しみたい人にもおすすめの6品種です。

高温多湿に強いストエカスラベンダーの品種の特徴

ストエカスラベンダーとその仲間の品種は、日本の夏の高温多湿の気候に強いので、梅雨や猛暑の期間中でも丈夫に育てることができます。そのため、ラベンダーの花を楽しむためには適している品種です。
寒さに弱いですが、関東南部から沖縄一帯は冬でも屋外で育てることが可能です。また、他の品種のラベンダーより開花時期が早く、4月頃から咲き始めて6月ごろまで開花しています。花の色も、紫、白、ピンク、赤紫などがあり香りはあまり強くないですが、庭でも鉢植えでも楽しむことができます。

ラベンダーの花より香りをたのしみたい場合は、ラバンディンの品種の仲間がおすすめです。また、ラベンダーは品種によっては夏の暑さに強い品種もあり、夏を越すための様々な方法もあるので、自分の好みにあったラベンダーの新種を選んで育て、春から初夏までラベンダーの花のある暮らしを楽しんでみませんか。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。