記事の詳細

バラを育てる上で、カミキリムシやアブラムシといった害虫による被害、日照不足や水捌けの問題による生育不良、強風によるつるバラの倒壊など様々な外的要因による障害はたくさんありますが、その中でもロザリアンを最も頭を悩ませることの1つに黒点病やうどん粉病に代表される病気の影響があります。

バラは元々耐病性があまり高くない品種が多く(コントロールは可能)、その中でも黒点病はほとんど全てのバラで発症する確率が高く、その発生頻度も頻繁なのが特徴でバラの生育に多大な影響を及ぼしてしまいますので、100%のロザリアンが被害を受けているといえます。

そんな黒点病について説明致します。

黒点病とはいったい何?

別名黒星病とも呼ばれますが、もともとはバラの葉っぱに原因となるカビが入り込むことにより、先ずは葉っぱに黒い斑点ができてしまい、その後葉っぱが黄色くなり、最終的には枯れて落葉してしまいます。黒い斑点が発症した(症状が目に見えた)時には既に黒点病が進行してしまっている状態であるとお考えください。

また、通常黒点病は1枚の葉っぱだけに症状がでる訳ではなく、同条件にある葉っぱに広範囲で症状が広がることが多いですので、気付いた時には全ての葉っぱが枯れて無くなってしまうなんて状況も起こりかねません。

当然葉っぱが無ければ光合成が出来ませんので、生育や開花に影響が出ることは必須となります。

黒点病発症のメカニズムとは?

先程、バラの葉っぱにカビが侵入して黒点病が発症するとお伝えしましたが、もう少し詳細なメカニズムを説明します。

そもそもの原因は、庭などのどこにでもいる糸状菌というカビの一種が、水滴と一緒になってバラの葉っぱに入ることにより発症します。ポイントは水滴と一緒に侵入するということです。

以前はこの糸状菌というカビは、葉裏から水滴と共に侵入すると考えられていましたが、最近では葉っぱの表面からも侵入すると考えられています。もともとバラの葉っぱの表面には目には見えないコーティングされている層がありますが、そのコーティング層は生育と共に風雨にさらされて剥がれ落ちてしまいます。コーティングが剥がれ落ちた葉っぱは水滴を弾けなくなるので、そこから水滴と共にカビが侵入すると言われております。

*比較的若い葉っぱに水遣りをするとコロコロとした水玉ができることがありますが、これはコーティング層が水を弾いている状況ですので、葉っぱのコーティングを可視化しているといえます(*車のワックスコーティングを想像して頂くとわかりやすいかも知れませんね)。

また、原因のカビである糸状菌は、感染して落葉した葉っぱにも潜伏しています。その為、落葉した葉っぱをそのままにしていると、そこからまた黒点病を発症するといったサイクルに陥ってしまいます。

カビが発症の原因ですので、入り込んだそのカビを物理的に取り除くことは基本的に不可能となります。また、通常黒点病に感染しているかどうかは黒い斑点の発症で初めて分かりますが、この黒い斑点ができたタイミングで黒点病を治癒する薬剤は現時点では存在していませんので、黒点病を発症した場合は、発症した葉っぱを取り除く以外に、薬剤で治癒することはできないとお考え下さい。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。