記事の詳細

バラの生育にも影響はありますが、それ以上に見た目への被害のインパクトが強い、害虫強敵度レベル1の害虫について説明致します。

バラシロカイガラムシ

1mm程度の極小サイズのバラシロカイガラムシの幼虫が、バラの茎や枝にくっ付いて養分を吸い取って成長します。バラシロカイガラムシは、バラから吸い取った養分を体外に排出して白い小さな「貝がら」のようなものを形成して身を守っていますが、この時点でこのバラシロカイガラムシは動かなくなります。

それだけではバラの生育に決定的に影響する訳では有りませんが、厄介なことに見た目が非常に悪くなります。放置しているとどんどん茎や枝に白い小さな丸が増えていきます。実は私も最初は生育にはあまり影響ないからと甘く考えて気にせず放置していたら、いつの間にバラシロカイガラムシの被害が広がって多くのバラに被害が広まって大変になってしまいました。

しかも、このバラシロカイガラムシは自分の体を「貝がら」のようなものでコーティングしているので、薬剤が効き難いという特性もあります。

しかしながら、そんなバラシロカイガラムシ対策には決定打がありますが、それは直接的に駆除するということです。皆さんも苦手な毛虫っぽさもありませんので、簡単に駆除出来ます。逆に簡単にきれいに駆除できるので、ちょっとうれしく感じるくらいです。

具体的には、歯ブラシや金ブラシで軽くこすればポロポロと剥がれ落ちる(バラシロカイガラムシ自体は動けない)ので簡単で良いのですが、シーズンによっては新芽が出ているタイミングの時もあります。その時は新芽を一緒にこすって落としてしまわないように慎重に駆除してください。

スリップス

体調が1mm~2mmの小さなアリのような害虫で、花に入り込んで蜜を吸っています。このスリップスの最も厄介なのはバラの花に無数に寄生していることです。特に白っぽいバラだと余計に目立ちますが、濃い赤い色のバラでも目立たないですが寄生しています。他の害虫のように、生育に影響を及ぼしたり、花が咲かなくなるいという強烈な被害はありませんが、このスリップスの脅威は、繁殖が早く一旦発生すると大量発生してしまうことです。

もしスリップスがいるのに気付かないまま、切花にして花瓶に挿したら無数のスリップスが出てきて家の中でも駆除しなければならなくなりますので、切花の天敵だと考えています。

既に発生してしまったスリップスを物理的に1匹ずつ駆除するのは不可能ですので、発生してしまったバラは早めに摘み取ってください。また、通常の薬剤散布も有効ですので、大量発生前に定期的な産婦で駆除してください。

ヨウトウムシ

ガの幼虫でイモムシみたいな虫です。昼間は土の中にいますが、夜になると活動し始め、バラの葉っぱや花を食べてしまいます。その特性から中々発見しづらいのですが、昼間でも堂々と食事している時もあるますので、その時は見つけ次第捕殺してください。

特徴的には限りなく、害虫強敵度レベル2に近い害虫です。

以前、このヨウトウムシを見つけた時にサボって駆除しなかったら、1本の植木鉢のバラ苗の葉を全て食いつくして、丸々とふとったヨウトウムシがいました。

基本的には、薬剤散布でも被害を防げますが、成長したヨウトウムシは薬剤が効き難い場合もありますので、やはり早めの駆除が肝心です。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。