記事の詳細

野山の自然を再現したナチュラルガーデン。
自然にあふれたお庭で季節を感じられたら素敵ですよね。

ご自宅のお庭をナチュラルガーデンにするために、春夏秋冬それぞれの季節で楽しめるおすすめの草花をご紹介します。
これらの草花を中心に葉物の植物を一緒に植えると、より自然の雰囲気を演出できます。

春におすすめの草花

パンジー・ビオラ

春を代表する花と言えば、パンジーやビオラです。
パンジーとビオラは200年前から交配が進み、今では2つの見分けが難しいですが、一般的に花径3cm以下の小輪品種をビオラと呼びます。
早咲きの品種なら、前年の秋から花を咲かせます。

寒さに強く多少の雪や霜でも冬を越し、長いもので梅雨近くまで咲き誇ります。
寄せ植えにもってこいのパンジー・ビオラですが、地植えの時は植栽スペースの手前に植えてみましょう。

ストック

高いもので100cm近くなるストックは、赤や白、紫の花を咲かせます。
本来多年草の植物でしたが、春に花を楽しむために秋まきの一年草として育てられるのが一般的です。
華やかでボリュームがあるため、植栽スペースの中ほどから後ろに植えましょう。

ローズマリー

常緑の低木で、春から秋まで白や紫の小さな花を咲かせます。
細長い葉はハーブとして、料理やティーなどに使われます。

品種によって姿が変わるので、ナチュラルガーデンではまっすぐ茎がのびる木立性のものを選ぶと配置しやすいです。
ほふく性のものはグラウンドカバーにも使えます。

カスミソウ

白いささやかな花をつけるカスミソウは、寄せ植えでも優しい印象を作る花としてよく使われます。
ナチュラルガーデンではチューリップなどの大型の花の隣に植えると、お互いが引き立ちます。

センテッドゼラニウム

「ローズゼラニウム」が代表的な、さまざまな香りを持つ常緑のハーブです。
背丈が30~100cmにのびるので、植林スペースの手前から中ほどに植えましょう。

夏におすすめの草花

バラ

優雅な花びらと気品に満ちた姿で愛される花です。
品種によって100~500cmまで生長します。

花の色形もさまざまあるので、お庭のイメージを固めてから品種を選びましょう。
誘引によって樹形が変えられるのが魅力の一つです。

タイム

シソ科の多年草で、白やピンクの小さい花をたくさん咲かせます。
15~40cmほどに生長し、葉はすっとした香りがします。

こんもりとした姿は、お庭のアクセントになります。
グラウンドカバーとしてもおすすめです。

クレマチス

「テッセン」ともよばれるツル性の植物です。
トレリスやアーチなどを利用して、ツルを絡ませて育てます。

風通しと日当たりの良い場所に植えましょう。

ラベンダー

花茎の先に紫色の花を咲かせる、常緑のハーブです。

100cmほどまで生長しますが、植栽スペースの奥に植えるのではなく、アプローチの脇など手前に植えましょう。
人が通るたびにこすれて、良い香りが沸き立ちます。

ペチュニア

従来は種ができると枯れる一年草でしたが、今では多年草のペチュニアも出回っています。
摘心をすることによって、こんもりとした姿になります。

秋におすすめの草花

ナスタチウム

オレンジや黄、赤色のビビットなカラーと丸い葉が特徴の一年草です。
生長するとしだれる姿になるので、花壇などの高低差のあるところで育てるのがおすすめです。

ケイトウ

「鶏頭」と書くとおり、鶏のトサカのような形の花を咲かせます。
赤や黄色の花は秋のナチュラルガーデンにもってこいです。

コスモス

秋を代表する花ですが、早いものだと初夏から花を咲かせる品種もあります。
草丈は30~200cmまで育ちます。
広いスペースに群植させましょう。

カラミント

シソ科のハーブで、長くのびる花茎にそって白やピンク、薄紫色の小さな花をつけます。
水切れに弱いので、植えてから根付くまでにしおれてきたら水をたっぷりあげましょう

冬におすすめの草花

シクラメン

ピンクや紫の小さな花を咲かせる小型の植物です。
ナチュラルガーデンで育てるなら、原種系の種類やガーデニンシクラメンなどの地植えできるタイプを選びましょう。

エリカ

ピンクや白などの小さな花を枝にびっしりと咲かせる、常緑低木の植物です。
品種によって様々ですが、樹高は100cmほどまで生長します。

高温多湿の環境が苦手で、風通しの良いやせ地を好みます。

クリスマスローズ

白やエンジ色などの花を咲かせる多年草です。

高温時の直射日光が苦手なので、夏から秋にかけて半日陰になるような環境で育てます。
また夏場は、乾燥しないようにたっぷりの水が欠かせません。

スノードロップ

春の訪れをつげるかのように、2~3月に可憐な白い花を咲かせる植物です。
前年の秋、落葉樹の下やアプローチの脇、植栽スペースの手前に球根を群植します。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。