記事の詳細

最近の野菜はとてもおいしいです。昔の品種とは異なり、最近の新品種は糖度が高い、えぐみが少ない、繊維が柔らかい、歯ごたえがある、見た目がきれい、栄養価が高いなどといった目標を設定して育種されています。おすすめの品種や新品種は、正しく育てれば誰が育ててもおいしく育つようになっているので、野菜作りの基本をマスターしておいしい野菜を確実に収穫しましょう。

まず、日光が大切です

一部の野菜を除き、野菜は日光が大好きです。特に果菜類は1日6時間以上直射日光が当たる環境で栽培するのが理想です。ベビーリーフは直射日光のあたる時間が短くても明るいところであれば育てることが出来ます。コンテナを置く場所の生育環境にふさわしい種類を選ぶことがポイントです。

培養土は市販のものを利用しましょう

培養土は市販のものが便利で確実です。酸度が野菜ように調整された野菜用の培養土で元肥入りのものが手早く安全です。新しい培養土は病害虫や連作障害の心配がありません。トマトやイチゴなどでは、おいしい果実が長期間収穫できるように土と肥料を配合した専用の培養土が市販されているので利用してみましょう。

水やりは表面が少し乾いたら、たっぷりやりましょう

野菜作り初心者は、水やりの加減がなかなかわからないものです。基本は土の表面が少し乾いたときに、鉢底から水が出るまでたっぷり与えましょう。春と秋は毎朝1回、真夏は朝夕2回、冬は2~3日に1回が水やりの目安です。

少しだけ水をかけたり、鉢底に水を長くためたりする水やりは避けましょう。そして水やりの時は必ず野菜を観察して害虫がついていないか、異常はないかよく見てみましょう。

肥料は追肥をしっかり定期的にしましょう

野菜を健全に育てておいしい実や葉を収穫するには、肥料は大切です。コンテナ栽培では水やりで肥料が流れてしまうので、元肥に加えて追肥が必要です。市販の肥料入りの培養土は製品により肥料の効果がさまざまですが、それらを使用した場合の追肥は苗の植え付けや種まきの3週間後からが基本です。コントロールがしやすい液肥をほどこすとよいです。ただし、肥料のやり過ぎると生育障害を起こすことがあるので注意しましょう。

温度を注意しましょう

野菜はそれぞれ育ちやすい温度が異なります。種は種袋の説明をよく読み、種まきの適期や発芽適温をよく確認してからまきましょう。

野菜の種類や品種にあわせた栽培が大切です

どんな野菜でも、育てたい野菜に合った栽培管理が必要です。培養土の酸度、水やりの加減、肥料の量や成分バランス、生育適温など、野菜の種類に合わせて上手に育てるとプロよりおいしい野菜を収穫することができます。

成功するまであきらめずチャレンジ

野菜栽培に限らず、はじめてのことはうまくいかなくても当たり前です。1度や2度の失敗にめげずに何度でもチャレンジしてみましょう。野菜作りの名人といわれる人たちは、さまざまな経験を積み重ねて栽培技術を身に付けています。野菜作りは難易度の低い野菜から育て始めればそれほど難しくはありません。試行錯誤しながらじょうずに野菜が収穫できれば、お店で買う野菜よりも、喜びもおいしさもはるかに大きくなります。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。