記事の詳細

一年中、きれいな花が咲く庭にしたいけど、思い通りの庭造りが出来ないと思っているのなら、あなたの庭には一年草の花が多いかもしれません。「一年草」は1シーズン花を咲かせ、種が出来、その後は花を咲かせることなく枯れてしまうのが特徴で「一年性植物」とも呼ばれます。

ホームセンターでリーズナブルな値段で売られている花は大半が一年草です。一年草は種類も多く、毎年違った花を育てる楽しさも有りますが、一年草の花ばかりになると、季節ごとに種や花の苗を買って、前シーズンの土の処理をして、そして植え替える作業が必要なので手間がかかり大変です。

「宿根草(しゅっこんそう)」をご存知ですか?

宿根草は植え替えの必要がありません。植えっぱなしなので経済的で手間がかかりません。花を咲かせた後、地上部は枯れてしまいますが、根はちゃんと生きていてその季節になると大きく育ち始め、再び花を咲かせ季節が終わるとまた土の中で次の季節まで過ごします。

こちらが「宿根草」の存在を忘れていても、ちゃんとその季節になると植物が芽吹く姿は感動します。

宿根草は2年、3年と楽しめるものが多く冬の寒さに強いのも特徴です。春咲き、夏咲き、秋咲き、冬咲きと計画的に植えることがコツです。そうする事で花の咲く手間のかからない庭が一年中楽しめます。好みの一年草を数種類組み合わせるとさらに華やかな庭になります。

ガーデニング初心者でも育てやすい宿根草

アジュガ

花期は3月~5月。茎をどんどん伸ばして広がっていきます。日陰、暑さ、寒さに強く、特に手入れを必要とせず、ガーデニング初心者に向いています。冬の葉は枯れずに残り、春には青やピンクのかわいらしい花が咲かせます。グラウンドカバーとしてもおすすめです。

チェリーセージ

花期は5月~11月。乾燥に強く、手間がかからないのでガーデニング初心者向きです。チェリーセージの葉を揉むとさくらんぼのような甘い香りがしてとても癒されます。花が咲き終わったら、切り戻しすると新しい芽が伸びて繰り返し花を楽しむことが出来ます。

冬に枯れた枝は、春になったら株元付近から切りましょう。この作業をしないと枝の高い位置から芽吹く為、株全体のバランスが悪くなります。

アメジストセージ

花期は8月~11月で耐暑性に優れていて丈夫な植物です。

虫も付きにくく、植えっぱなしの状態でも毎年花を咲かせます。アメジストセージは棒状に長く伸びた茎の先にまとまって穂のように「花穂(かすい)」を伸ばします。

柔らかな毛に覆われたベルベットのような紫の部分の愕(がく)はふわふわした手触りです。

クリスマスローズ

1月~4月に開花期を迎えます。10月から4月までは日当たりがよく、夏は直射日光が当たらないところが理想的な場所です。クリスマスローズは乾燥した環境を好むので土がいつも湿っていると腐って枯れてしまうので、水やりには気をつけましょう。花壇が寂しくなる冬の庭をピンクの花で彩ってくれます。植えて3年ぐらいたつと株も大きくなり花数も増えます。

大事な花を枯らさないためのコツ

花の苗購入するときは、ラベルの情報をしっかりチェックしましょう。分類(「一年草」なのか「宿根草」なのか)、開花期、どんな場所を好むのか、育て方などが書いてあるので家の庭の環境に合った植物なのかラベルを確認して購入するのがコツです。花の専門店ではどの花を選んでいいか分からない場合は、お店の人に聞くとアドバイスしてくれるので安心して購入できます。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。