記事の詳細

ハロウィンのオーナメント

ハロウィンといえば

ハロウィンといえばやはりカボチャですよね。オレンジ色のカボチャやグリーンに模様の入ったものから黒いカボチャまでいろいろなカボチャのオーナメントはハロウィンが定着してきた昨今ではすぐに手に入れらえるようになりました。
シンプルにカボチャを飾ってもいいですが、怖い顔をくり抜いたお化けカボチャ「ジャックオーランタン」がハロウィンの代名詞的なオーナメントですよね。ジャックオーランタンのオブジェは中にライトが入っているものもあって、夜のお庭を照らして楽しむこともできます。

その他にも

ハロウィンのオーナメントにはゴーストやコウモリ、魔女の恰好をしたかわいいキャラクターや動物などがあり楽しくガーデンを飾れます。ジャックオーランタンのライト以外にも星形のイルミネーションやゴースト型のライトなどで飾り付けるとさらにかわいいナイトガーデンが楽しめます。

X’masのオーナメント

クリスマスツリー

X’masにはもみの木に飾り付けをしてクリスマスツリーを作ってもいいですね。お庭にもみの木がないという方はコニファーやヒノキなどを代用して飾り付けても楽しめます。

クリスマスツリーを飾る理由

そもそもクリスマスツリーとは樹木を信仰するドイツの先住民たちにキリスト教を布教するために用いられたことが現在のクリスマスツリーを飾る風習へと変化していったようです。

クリスマスツリーのオーナメント

クリスマスツリーのオーナメントは100円ショップでもたくさんの種類が手に入ります。公園などで松ぼっくりを拾ってきて金や銀色にペイントすれば手作りのオーナメントも作れますしグルーガンでひもを取り付ければ簡単に引っ掛けて飾ることができます。

リース

X’masのオーナメントとして玄関扉などにクリスマスリースを飾ってもいいですね。今プリザーブドフラワーでクリスマスリースを作ることが流行っているのをご存じですか。枯れないお花なので長くきれいな状態で飾ることができますし、定番のもみの木の緑、木の実の赤、雪の白以外にもカラフルな色のアイテムを使って作るリースは彩りも豊かになっておすすめです。

ライトで

X’masの時期が近づいてくると街や街路樹のある通りは華やかに彩られますよね。X’masの楽しみは何と言ってもライトアップです。庭にライトアップできる樹木がないという方は市販のイミテーションのクリスマスツリーを外に持ち出してイルミネーションを飾れば代用できます。またイルミネーションに掛かる電気代もばかになりません。LEDライトを使用したり点灯時間を減らしたりして節電するとよいです。

ライティングのマナー

広範囲にライティングをする場合は明るくて夜眠れないといった方がいらっしゃることも念頭に置き、点灯時間を22時ごろまでにしてご近所に迷惑をかけないようにしたいものです。

正月のオーナメント

ハボタンに

ハボタンや松の苗木を寄せ植えにして正月らしい鉢植えを作ってみましょう。正月用のピックを挿せばよりオーナメントの雰囲気が出てよいです。正月用のピックは花屋さんやネットショップなどで手に入れられます。

用意する物

・お好きな鉢
・ハボタン2株
・松
・南天
・アリッサム
・シロタエギク
・ラミウム
・正月用のピック

作り方

1)鉢に鉢底石を敷き培養土を1/3ほど入れます。
2)後ろに左側に松、右側に南天を植えて手前にハボタンを並べて植えます。
3)ラミウムとシロタエギクは右脇にアリッサムは左脇に植えこみます。
4)苗の間に土を流し込み割りばしなどで奥に詰めて水やりをします。
5)正月用のピックをバランスよく挿して出来上がりです。

手前のハボタンは低く、後ろに行くほど背の高いものを植えてあげるのがポイントです。
竹を切って背面に差し込んであげれば門松としても楽しめます。
正月が終わったら植え付けた苗、特に南天と松などの樹木は庭や大きな鉢に植え替えてあげるとよいでしょう。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。