記事の詳細

「ガーデニングを始めたいけど何から揃えたらいいのか分からない」。
そんなあなたにおすすめのガーデニング雑貨を6つ、集めてみました。

種や苗、土以外だとこれだけそろえておけばOKです。
ガーデニング用品店、ホームセンター以外でも雑貨屋や100円均一ショップでも売っていることがありますので、見かけて気に入ったら即購入しましょう。

ポット

お店に行くと、色も素材も様々なポット(鉢)がたくさんあるため、どれを買ったらいいのかと目移りしますよね。
その中でも素焼きのポットならどんな色や形の植物でもマッチします。

イタリア製の素焼きの鉢のことをテラコッタ鉢と言いますが、最近では洋風デザインの素焼きの鉢のことはテラコッタ鉢ということが多いようです。
素焼きのポットはプラスチックのものと違い通気性にも優れるため、ガーデニング初心者の方には特におすすめです。

ガーデニング用のはさみ

木工用はさみでも植物を切ることはできます。
でも木工用はさみだと切る際に細胞をつぶしてしまい植物が傷みますので、ガーデニング用のはさみがあるほうがベストです。

ガーデニング用はさみなら花や茎、葉、根も切れます。
それに切れ味がいいので長時間使っても疲れませんよ。

はさみを選ぶ際のポイントは、「長く付き合えるもの」です。
少々高くても、切れ味がよかったり、手で持ったときのフィット感がよいものを選びましょう。

また、見た目も長く付き合う重要なポイントです。気に入ったデザインでしたら、一生使える道具になるでしょう。

ジョウロ

家の外での水やりにはジョウロが欠かせません。
小さな穴がたくさん開いた注ぎ口(蓮口)は、植物の葉や花を傷めずに水やりできます。
素材はプラスチックのものからブリキなど様々です。

基本的に水やりはたっぷりの水で行いますので、たくさん入るものが汲みに行く手間が省けます。
ただしあまりにも多いと今度は重くなるので、持ちやすい形状のものを選びましょう。

観葉植物など室内で育てている植物の場合は、注ぎ口が細いものを選びましょう。
また、葉に水を吹きかける葉水のための霧吹きも必要です。
霧吹きはおしゃれなデザインのものもあるので、インテリアもかねて購入するといいですよ。

移植ゴテ

スコップ、シャベルなどとも言います。
プラスチックでできたものやステンレスでできたものなど素材は様々です。

苗を移動させたり、土を耕したりするのに使います。
移植ゴテもガーデニングにはなくてはならないものです。

ガーデンプレート

育てている植物の名前などを書くガーデンプレート。
木やプラスチックでできているものが多いです。

木でできたものは毎日の水やりで腐ってしまいますが、プラスチックは耐久性があります。
ただ見た目が味気ないのが残念ですよね。
そこでペンキや耐水性のアクリル絵の具などを使い自分好みに作り変えれば、愛着もわきますよ。

オーナメント

動物や天使などの置物がお庭のちょっとしたスペースにあると、心が和みますよね。
オーナメントはガーデニングで必ずしも要るものではありませんが、お庭を飾るのは楽しみの一つです。

大きいものだったら地植えしている草木の陰に置くとお庭が引き立ちますし、小さいものだったら鉢植えの土の上に載せるのもかわいらしいですよ。
ピックで土に挿せるようになっているものもあるので、植物の姿形に合わせてください。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。