記事の詳細

ガーデニングを始めたいと思ったはいいけれど、「今はどんな花が咲くの?」「植え付ける時期はいつ?」「どのような場所で育てたらいいのか…」など、疑問はつきませんよね。
そこで、春夏秋冬でおすすめの季節の花をご紹介します。

ガーデニングでおすすめの季節の花「春」4選

ヒヤシンス

前年の10月に球根が出回りますので、購入次第植え付けを行います。
球根は傷がついているものは避け、かたく締まってできるだけ大きなものを選びましょう。
植え付けたら、鉢をよく日のさす屋外に置き、冬の寒さに十分あてます。
寒さにあてないと目ざめが遅くなり、生育も遅れ花が咲きません。
水は土の表面が乾いたらたっぷりあたえてください。

マーガレット

白やピンク、黄色などさまざまな色のマーガレット。
コンパクトな草姿は、コンテナで育てるのに向いています。
4~5月に植え付けを行います。
基本的には風通しと日当たりのいい場所で育てますが、高温多湿に弱いため真夏は直射日光のあたらない半日陰に移動させるといいでしょう。
また霜にあたると枯れてしまうため、冬越しの際は日当たりのよい屋内で管理します。
水は土の表面が乾いたらたっぷりあたえます。

チューリップ

9月ごろからチューリップの球根が出回ります。
種類によって色や花の形が様々あり、開花時期も異なります。
寄せ植えにする場合は、ラベルなどをよく確認しましょう。
球根は傷みがなく、大きくて持ったときにずっしりとするものを選びます。
12月上旬ごろまでには植え付けを行い、日当たりのいい場所で管理してください。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりあたえます。
冬の間も根が生長しているので、乾燥しないように気をつけましょう。

ワスレナグサ

秋に種まきからでも育ちますが、春先に出回る苗から育てるほうがガーデニング初心者の方にはおすすめです。
苗は、葉の数が多くまとまった姿でがっしりとしたものを選びましょう。
乾燥が苦手で、水はけがよく保水性のある土を好みます。
日当たりのいい場所で管理し、水は土の表面が乾いたらたっぷりあたえます。
肥料の与えすぎには注意しましょう。

ガーデニングでおすすめの季節の花「夏」3選

あじさい

日のあたらない場所でも育つイメージがありますが、ハイドランジア系は日当たりのいいところを好みます。
夏に、直射日光のあたらない半日陰になるようなところがおすすめです。
春や秋にポット苗が販売されています。
購入次第植え付けを行います。
水を多く要求する植物なので、特に夏は水切れには注意します。
花が終わったらすぐに枝を切る剪定を行うと、来年以降も花が楽しめます。

ペチュニア

秋に至るまで、次々と花を咲かせるペチュニアは、寄せ植えにもぴったりの植物です。
種からでも育てられますが、3月ごろから苗が出回るのでガーデニング初心者の方には苗から育てると手堅いです。
過湿が苦手なので、特に夏は土の表面がよく乾いたのを確認してから水やりをしましょう。
苗を植え付ける時と10~15cmに成長したときの2回、茎の先端を取る摘心や茎を切り詰める剪定を行うと、こんもりとした姿になり花つきも多くなります。

アジュガ

秋から春に苗が出回ります。
水はけと保水性のある土を好みますが、肥料は控えめにします。
暑さにも寒さにも強いためガーデニング初心者の方でも安心です。
乾燥は苦手なので、特に夏の高温期は水やりが欠かせません。
ほふく性があるためグランドカバーにも使え、日陰でも耐える植物です。

ガーデニングでおすすめの季節の花「秋」3選

コスモス

品種にこだわりたい方は種から育てると確実ですが、ガーデニング初心者の方には苗から育てることをおすすめします。
春から夏にかけて苗や鉢花が出回ります。
日当たりと水はけのよい環境を好みますが、丈夫な植物なので特に土はこだわりません。
過湿や乾燥は苦手なので、水やりは土の表面が乾いたら行います。

センニチコウ

熱帯地域の植物で、特に暑さに強く夏から秋にかけてよく栽培されます。
夏から秋に苗や鉢花が出回ります。
高温と乾燥に強く、水やりは土が乾燥したときのみ行いましょう。

シュウメイギク

春から夏にかけて苗や鉢花が出回ります。
苗がある程度の大きさになるまで2、3年かかるので、寄せ植えに使いたい場合は鉢花を購入しましょう。
半日陰で湿り気のある場所を好みます。
夏は直射日光を避け、特に乾燥には注意してください。

ガーデニングでおすすめの季節の花「冬」2選

シンビジウム

洋ランの仲間で、比較的寒さに強いので温室がなくても育ちます。
4~5月ごろに苗が出回りますので、鉢植えで栽培しましょう。
植え付け後は屋外の日当たりのいい場所で管理しますが、夏は風通しのよい半日陰になるところに移動させます。
10月中旬ごろから室内に取り込み、水やりは控えめにして、葉水などで水分を与えましょう。

ポインセチア

品種によって赤や白、ピンクなどのクリスマスカラーで部屋を明るい印象にしてくれます。
花のように見えているところは「苞」と呼ばれるもので、本当の花は真ん中にあります。
ポインセチアは寒くて湿ったところが苦手なので、日がよくあたる屋内で育てましょう。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。