記事の詳細

疫病は植物全体に発生し葉に病斑が発生し進行すると病斑が大きくなります。湿度が高いと白いカビが生えてきて湿度が低いと病斑の部分が乾燥し枯れたようになってしまいます。梅雨など雨が長期間降ったり、湿度が低い時に発生しやすくなります。
1度、植物に病気が発生すると、葉や実が枯れたり、ひび割れたり、変色したりなど繰り返し被害が発生してしまう場合もあります。

灰色カビ病

茎や葉が溶けたように腐っていき病気が進行すると灰色のカビに覆われます。花の場合、花弁にシミのような斑点が発生し病気が進行すると花が腐り灰色のカビに覆われます。灰色カビ病はほとんどの植物に寄生し、気温が低く湿度が低い時期を好んで発生します。なので、水のやり過ぎに注意し、風通しを良くすれば発生しません。

菌核病

茎に多くみられる病気で、他にもキュウリやナスなどでは実にも発生します。下の茎の枝分かれしているところから発生しているケースが多く、病斑が茎の上下に発生し互い取り巻くようになると病斑の上は萎れ枯死してしまいます。病斑となった部分は褐色から黒色に変化し、白いカビのようなものに覆われ最後は菌核ができます。

こぶ病

樹木の枝や幹に発生する病気です。こぶは最初豆粒ほどの大きさですが数年経つと人のこぶしくらいの大きさまで成長します。表面がざらざらして盛り上がり褐色や灰褐色のこぶができます。古くなったこぶは凹凸ができ、ヒビが入り木の中が腐ってしまい空洞ができてしまいます。こぶができると水や栄養が行き渡らずそこから次第に衰えていき、組織がもろくなり折れたり枯れてしまったりします。

さび病

さび病が発生すると、野菜では葉に白い斑点を生じます。その部分が盛り上がってき茶色の斑点に変わり表皮が破れ赤、黄色っぽい粉末が粉が飛び散るようになります。さび病の菌は同じ植物で生活する同種寄生菌と、2つの植物を行き来する異種寄生菌があります。異種寄生菌はヘクソカズラやアワブキなどの中間宿主とよばれる植物の中で冬を越し、春になると元いた植物に戻って活動を再開します。

害虫もそうでしたが病気も予防が大切です。日々、植物への世話を怠らないこととしっかりと細かいところまで観察することが1番の予防法だと私は思いました。

自然とうまく付き合っていくのは決して簡単なことではありません。しかし、私たち人間は植物がいなければ生きていくことはできません。森林伐採などの自然環境が破壊され植物が今ではあまり身近に感じることが出来なくなりました。なので、ガーデニングなどを通して自ら自然と触れ合おうとすることがこれから非常に大切な活動になると思いました。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。