記事の詳細

害虫は植物に深刻な影響を与えます。大事に育てた植物であればある程、害虫被害には特に気を付けて防ぎたいところです。
害虫が発生するとどのような状態になるのか、害虫の種類と症状別に解説していきます。

葉が焼けたように枯れてしまう

ハムシが発生すると、葉が焼けたように枯れてしまいます。特にウリ科の植物が好物で、一度発生すると非常に大量のハムシがついてしまいます。また、土の中に卵を産み付け大量に発生するため、完全に駆除するためには土ごと取り換える必要がある場合もあります。

ハムシはその習性上、銀色のものを避ける性質があります。農薬や殺虫剤を避けて育てたい場合はハムシ対策のシルバースプレーなどが園芸用品として売られています。

枝などに貝殻状のものがつく場合

カイガラムシによる被害が考えられます。カイガラムシは主に樹木につく害虫で、種類が非常に多く存在します。その形や枝にびっしりついた様子などから不快な見た目で、特に虫が嫌い、苦手な人にとっては寒気がするほど嫌われる不快害虫として知られています。

駆除の方法としては、枝にくっついたカイガラムシをそぎ落とし、専用の殺虫剤を散布する方法などがあります。大量に発生する虫なので、苦手な方は増える前に早めの手を打つことをお勧めします。↓

葉に穴が空く

アオムシ・カメムシ・ケムシなどの害虫が原因として考えられます。

アオムシはご存知の通りモンシロチョウの幼虫で、キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の植物の葉を餌に成長します。かわいい見た目をしていますが、見つけたら葉を食い尽くされてしまう前に駆除しましょう。しかし、駆除したとしても蝶が飛んできてまた産み付けてしまうこともあるため、ネットを張るなどの根本的な対策が必要です。

カメムシは見た目はもちろん、悪臭を放つことでも有名な不快害虫です。カメムシの幼虫はアオムシのように葉を直接食べるわけではなく、針状のものを突き刺して養分を吸い上げます。そのため、カメムシがついたことに気が付かずに大量発生してしまうというケースがあります。

ケムシも葉を食べる害虫の一つです。種類によっては毒をもち、刺されるとただれたり、湿疹ができたりと人にとっても危険な害虫です。葉の裏に潜んでいることが多いので、しっかり観察して駆除しましょう。↓

線のような模様ができた

ハモグリバエによる被害である可能性があります。幼虫は葉をジグザグに以後気回りながら食べ、食べられた跡が白い筋のようになります。駆除方法としては、ハモグリバエの被害のある葉は切り落としてしまうことです。葉物野菜や、まれにハーブなどのにおいの強い植物に寄生することもありますので注意が必要です。

斑点模様

イラガやハモグリバエによる被害であると考えられます。↓

イラガはケムシのような見た目をした害虫です。葉を食べつくし、植物の生育に悪影響を与えます。また、触れると痛みを感じる場合があり、危険です。毒毛を持つ種類もいるため、専用のスプレー剤などで早急に駆除しましょう。

かすったような模様(アザミウマ・グンバイムシ・テントウムシダマシなど)↓

白くなる(カイガラムシ)↓

葉裏に小さな虫が付く(アブラムシ・コナジラミ)

と、このように植物は害虫に被害を受けると枯れたり、葉や茎などを食い荒らされたりします。さらに害虫はこれだけでなく何千もの種類がいます。育てる植物で発生する害虫も変わるので事前に調べておきましょう!

植物は植えて3年以内は少し弱っており害虫が付きやすくなっています。最初のうちは大変ですが植物も徐々に強くなっていきますので害虫に負けずに根気強く続けていくのが大事です!

次に植物の病気についてです。

病気は害虫と違い予防をしておけば防げるものがほとんどなのでしっかりと対策を講じましょう。

それではいくつか紹介します。

もち病
炭そ病
べと病
黒腐病
うどんこ病
疫病
灰色カビ病
菌核病
こぶ病
さび病

これらの病気は比較的、特徴も多く見つけやすいと思いピックアップしてみました。

もち病・・・カビの一種でツツジ類とツバキ類にだけみられる病気で、若い葉が球状に膨れ淡い赤色に変化します。降雨などでずっと日光が当たらない状態が続くと発生しやすくなります。

炭そ病・・・主に葉や果実などに発生します。黒っぽい斑点が拡大し、やがて大きな白っぽい斑点になり葉に穴が空いたり、葉先から枯れてしまいます。実は熟れたかのようになって腐り落ちます。

べと病・・・最初葉に黄色っぽい小さな斑点が発生し、病気が進行すると淡い褐色に変わり斑点が拡大します。下の葉から徐々に上の葉に向かって進行していきます。葉全体に広がると、晴天時にはパリパリになり、雨天時で湿度が高いとその名の通りベトベトになります。

黒腐病・・・細菌によってかかる病気で葉の外側から進行が始まります。白っぽい斑点が外側から広がってきます。枯れたように見えるので見極めが大事です!

うどんこ病・・最初全体が少し白っぽくなり、徐々に濃さが増していきます。光合成が阻害されたりするので花が咲かなかったり、野菜は味が落ちてしまいます。白っぽくなるのは胞子で風によって運ばれてきます。うどんこ病はかかる植物が違い、例えばバラのうどんこ病はバラにしかかからないかかりません。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。