記事の詳細

ガーデニングでのやっかいな問題と言えば「害虫」です。

ゴールデンウィークの時期は新芽がグングン伸びる時期です。この時期に生まれる若葉はとてもやわらかくて害虫の食害にあってしまうとこの年の植物の成長、花付き、樹形などに悪い影響が出てしまいます。植物を育てる中で大切なのは「毎日植物を観察する」ことです。植物の状態をこまめにチェックして植物からのサインをいち早く察知しましょう。「早期発見・早期対応」で被害は少なく処理後の回復は早くなります。

害虫には、植物の葉や茎を食い荒らす「食害性害虫」と、植物の汁を吸って生育を妨げる「吸汁性害虫」の2つのタイプがあります。害虫の生態や予防方法を知って、口にしないガーデニングの植物は殺虫剤を利用して出来るだけ早く駆除しましょう。

アオムシ・ケムシ

食害性害虫です。蛾や蝶の幼虫であるアオムシや毛虫は葉や新芽を食べて植物を害します。葉を全部食べられてしまうと、栄養分を作る能力が低下し生育が衰え見た目も悪くなってしまうため、出来るだけ早く駆除しましょう。アオムシ、ケムシがいる場所には糞が落ちているので植物の周辺をチェックしてみましょう。

アブラムシ

吸汁性害虫です。たくさんの種類があり、あらゆる植物に寄生します。体長は1~2㎜の小さな虫ですが、繁殖力が旺盛で汁を吸って害を与えます。4~6月、9月~10月になると繁殖期を迎えたアブラムシが増殖しはじめます。突然、植物の茎がアブラムシでびっしりと覆われているのを目にすることがあるでしょう。アブラムシは、甘い汁を出して蟻を呼び寄せたり、すす病などのウィルス病を媒介したり、飛び回る為放置すると周りにどんどん被害が拡大します。アブラムシは植物が成長して混み合い風通しが悪くなると繁殖するので不要な枝や葉を取り除いて風通し良くし、日光が当たるようにしましょう。

カイガラムシ

吸汁性害虫です。貝殻をかぶったような虫がたくさん植物の茎や葉に寄生して吸汁します。4月~10月頃に多く見られ、吸汁した後に甘い汁を出します。この汁が原因ですす病を併発します。成虫になると体表に貝殻のような分泌物をつけるために、薬剤が効きにくい場合があるのでカイガラムシに効果のある殺虫剤を使用しましょう。

ミノムシ

食害性害虫です。葉を食害して植物に被害を与えます。激しい場合は樹皮まで食害し枝まで枯れることがあります。また、冬期にミノが枝にびっしりついた姿は美観が損なわれます。若齢幼虫期は薬剤の効き目はありますが、大きくなると難しいため、こまめに観察して見つけ次第、手で取りましょう。葉や枝にくっついていてもひっぱれば簡単にはがすことが出来ます。

害虫を紹介してきましたが、「益虫」と呼ばれる人間の生活に利益をもたらしてくれる虫もいます。害虫の天敵や、花の受粉を助けて実をなりやすくしてくれる虫、土壌の質を改善してくれる虫たちです。

とくに有名な益虫はアブラムシの天敵・テントウムシです。ヒラタアブやカゲロウ、アブラバチもアブラムシが大好物です。カマキリやトンボ、蜘蛛も害虫食べてくれるので見つけても駆除せずにそのままにしておきましょう。

益虫が自分と一緒に大事な植物を守ってくれていると思ったら、庭の手入れも楽しくなります。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。