記事の詳細

ホース

お庭のガーデニングをするときになくてはならない道具といえば水やり用のホースですね。ホースを巻き取るホースリールを使えばコンパクトに収納できて便利です。その他にもホースに関しての商品を集めてみました。

水量を調整できるノズル

ホースの先端には水の出かたが選べるノズルをつけて使いたいですね。シャワーのように広範囲に水やりをすることも可能になりますし、植物や土に優しい水量に調整もできるのでガーデニングをする方には必須アイテムです。

伸びるホース

毎回出したり片づけたりを繰り返すのが面倒だなと感じる方におすすめなのが伸びるタイプのホースです。電話のコードのようにコイル状になったタイプのものやゴムが内蔵されていれ伸び縮みするものまでさまざまあります。片づけるときは小さく収縮するので水道のそばに置いておいても邪魔になりません。

ホースに穴が開いているタイプ

穴の開いたホースを使うと広いスペースでの水やりがグッと楽になります。ホースを土の上に這わせたら蛇口をひねるだけで水やりができます。自動タイマーを蛇口に取り付ければ自動で水やりも可能になります。

立水栓

ガーデニングを始めてみると水道が遠くて水を汲みに行くのが大変になってしまったら、お庭にもう一つ立水栓の設置を検討するのもいいかもしれません。

立水栓を選ぶポイント

立水栓を選ぶポイントは、おもに水やりに使うのであれば低めの高さで水受けを下に設置するタイプの立水栓が最適です。収穫した野菜を洗ったり、花をつけておきたい場合などは水受けが上の方にくる立水栓を選ぶと便利です。シンク型になった立水栓が一般的ですが、上で洗い物をして下の蛇口にホースリールを取り付けられるようなオールマイティーな立水栓もあります。こういったことからも補助蛇口の有無は重要で、ホースをつなぎっぱなしにするのであればもう一つ蛇口を取り付けておいた方が手を洗いたいときやじょうろを使いたいときに便利です。また、寒冷地に設置する場合は不凍水栓タイプを選ぶと凍結の心配がなく使用できます。

デザインが豊富

立水栓にもデザイン性の強いおしゃれなものが多くそろっています。
素材も陶器やコンクリート、ガラス、石材、ステンレス製などお庭の雰囲気に合わせて選ぶことができます。スッキリシャープに見せたい場合はステンレス製がおすすめですし、ナチュラルな雰囲気にしたい場合は陶器やコンクリート、石材などの落ち着いた色味を選べばよく合います。ガラスのタイルが貼ってあるタイプのデザインは涼し気で暑い夏でもガーデニングが楽しくなります。

水受け

水受けもおしゃれなデザインのものが販売されていますが、ガーデニングで使用するのであればバケツが置けるように平らで幅のあるものがおすすめです。

立水栓の施工費用

立水栓の設置や散水栓から立水栓に交換をする場合は専門の業者でなければ工事ができないことになっていますから、施工会社選びも必要です。
立水栓を新しく取り付ける場合は3~10万円程度、散水栓を立水栓に交換する場合は6~8万円程度の施工費用がかかります。これはあくまでも相場なので、参考までに。
これに立水栓の費用や水受けを設置する場合は水受けの費用もかかります。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。