記事の詳細

ガーデニングで植え付けが終わったら重要になってくるのは植物への水やりです。それぞれの植物の特性に合わせて適切な水やりをしていくのですが、霧吹きを使った水やり法とガーデニングで使える霧吹きの種類や利用方法を解説します。

霧吹きでの水やり

植物は根から水分を吸収していますが、多くの植物は葉からも水分を吸収することができます。そのため霧吹きを使って葉に水を噴きかけて水やりをする方法があり、中には根からの水分吸収が十分にできない植物もあるのでこの作業は大切になってきます。葉に水を噴きかける水やり法を「葉水(はみず)」といい、暑くて湿気の多い地域が原産の植物は特に葉水が必要です。

葉水が必要な植物

・洋ラン あまりかけすぎると湿気がこもって腐ってしまう恐れもあるので適度な量を吹きかけましょう。特に葉水が必要な品種はバンダという品種です。

・エアープランツ 今話題のエアープランツは根を必要としない植物です。葉からのみ水分を吸収するので各品種の性質に合わせて水分補給をする必要があります。

葉水を必要とする場面

根からの吸収率が悪い植物以外にも葉水することで得られるメリットは数多くあります。

乾燥を防止する

室内で生育していると起こるのが冷暖房による乾燥です。暑さや寒さに弱い観葉植物は室内で育てることが多いですが、冷暖房の風は室内の乾燥を引き起こします。植物にはこの乾燥が大敵です。乾燥してカラカラに枯れてしまわないように葉にしっかりと霧吹きで水を吹きかけてあげてください。

害虫防止

植物につくハダニは湿気を嫌がるので葉水することによって害虫予防になります。ハダニ予防には葉の裏側にも忘れずに水を吹きかけましょう。

ホコリを落とす

観葉植物はホコリがつくと呼吸ができなくなります。枯れる原因にもなり虫も寄ってきやすくなるのできれいな状態を保つために葉水することは大切です。

夏の暑さ対策に

夏は人でも暑さにぐったりとしますよね。植物も同じで暑さには参っています。葉水で植物もリフレッシュさせてあげましょう。

霧吹きの種類

ガラス製のアンティークな霧吹き

ガラス製で金属製の噴き口がついたオシャレな霧吹きです。インテリアの一部としても使える優秀な霧吹きです。

プチプラなプラスチック製の霧吹き

プチプラでもかわいくて毎日の水やりが楽しくなるような商品がたくさんそろっています。

加圧式の霧吹き

しっかりと噴霧したい場合はポンプを押して加圧するタイプの霧吹きがおすすめです。レバーを押せば水が自動で出るので指が疲れずに使えます。

ペットボトルが霧吹きになる

ペットボトルに取り付けて使うノズルは安価で手に入れることができ、好きなサイズのペットボトルを使って水やりができるので便利です。加圧式のものもあります。

こんな霧吹きもあります

水やりだけではない霧吹きの使い方をご紹介します。

殺虫剤や除草剤用の噴霧器

水で薄めて使う殺虫剤や除草剤用の噴霧器は大きなサイズの容器でメモリがついています。液肥を与えるのにも使えますが、これらに使用する際は目的別に使い分けることをおすすめします。ボトルに残った液体が混ざってしまっては大事な植物を痛める心配があります。

農薬散布に便利な噴霧器

ノズルの長いタイプの加圧式噴霧器です。殺虫剤や除草剤をピンポイントで撒く場合にも適しています。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。