記事の詳細

植物のトラブルの原因は、おおまかに生理障害、病害、虫害に分けられます。病気と中外は比較的対処しやすいですが、やっかいなのは生理障害です。土・養分・水・日光・温度など、植物が育つ環境がトラブルの原因になるからです。私たちが手入れを怠ったり、管理方法を間違えると、やがて症状が出てくるので、まずは原因を探りあてることが大切です。

植物のトラブルの原因について

病気の原因は、おおまかにかび・細菌・ウイルスです。種類によって、効果的な薬剤が違うので、原因を特定できるとベストです。カビは多湿条件で出やすいので、6月から初夏までが要注意です。細菌が原因のものは、葉が枯れたり、腐ったりします。ウイルスの場合は、葉にモザイク模様などの斑が出ることが多いです。害虫は、被害部に虫がついているので、わかりやすいですが、夜行性害虫は見逃しやすいので注意しましょう。原因を見分ける目安としては、病気や害虫、養分欠乏が原因の場合は、患部が勢いよく広がっていることです。それ以外のケースでは、そう派手に症状は広がりません。なお、生育サイクルの短い一年草は、一度トラブルにあうと、生育が見込めないことがあります。一方生育サイクルの長い多年草やシュラブ、花木類は、原因を取り除けば元通りに回復できることが多いものです。早いうちに対処しておきましょう。

葉に斑点ができたときの植物のトラブル

モザイク模様の斑点

葉に濃淡のあるまだら模様がでたら、モザイク病です。やがて葉が委縮したり、奇形になります。アブラムシなど吸汁性害虫がウイルスを媒介するので、これらの虫の予防が大切です。アブラムシの他、吸汁性害虫は、ハダニ・スリップス・コナジラミ・グンバイム・カイガラムシなどがいます。

さびのような斑点

ふくれた小さな斑点状のさびがたくさんついたら、さび病です。さびの色によって、白さび・赤さび・黒さびなどさまざまです。病気の部分は必ず取り除いてください。

紫色の斑点

黒っぽいこともありますが、比較的大きな斑がでたときは、炭そ病です。

茶色い斑点

さびのような不規則な斑がでたら、斑点病です。ややへこんだ褐色斑なら、炭そ病です

褐斑病なら、被害はすぐに広がるので、注意しましょう。

赤い斑点

葉に赤い斑点が出き、葉裏が星状にふくらんでいたら赤星病です。

黒い斑点

黒くて丸い斑点は、黒点病です。最初は小さな点ですが、だんだんと大きく広がります。そのあと黄変して落葉します。

黄色の斑点

べと病なら、高温多湿期にシミのような小さな多角形の黄色い斑点がたくさん出ます。葉脈に沿って、部分的に色あせるようなら、ウイルスが原因です。

その他の斑点

栄養素の過不足

各種栄養素が不足しても、斑点がでます。葉が黄化する症状があわせて出ることも多いので小まめにチェックしましょう。とくにカルシウムの欠乏では、新しい葉にシミのような斑点が出ます。なかでも、チッソ・カリ・マグネシウムが過剰だと起こりやすく、チッソ過多に注意が必要です。雨が少ないときや、用土が乾燥しすぎても症状が出ます。

虫害

葉裏に虫がついたり、虫に食べられて、葉が斑点状に見えることができます。

植物のトラブルの知識をつけて、楽しくガーデニングをしましょう

植物のトラブルや原因を知ることなしに、せっかく育てていた植物をだめにしてしまうのは、悲しいことです。植物のトラブルの知識をつけておくと、被害を最小限に抑えて復活させることができます。正しい知識をつけて、ガーデニングを楽しみましょう。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。