記事の詳細

ガーデニングで花や野菜を丈夫に育てるには、肥料が欠かせません。
人間が生きていくのに栄養分が欠かせないのと同じように、植物にも肥料で栄養を与えます。

そこで、肥料は植物にとってどういった作用があるのか一緒にみていきましょう。

肥料の三大要素

一言に肥料と言っても、成分によって植物に対する効果は変わってきます。
次の3つの要素が植物に重要な働きをしています。

チッ素(N)

主に葉に作用するので、チッ素成分の多い肥料を与えるとよく茂ります。
不足すると葉の色が悪くなったり、間のびする徒長(とちょう)という状態になります。

逆にチッ素が多いと、花つきが悪くなったり、実ができにくくなります。
油かす、硫安、尿素などにチッ素が多く含まれています。

リン酸(P)

リン酸成分の多い肥料を追肥として与えると、花つきがよくなり、実ができやすくなります。
骨粉、過リン酸石灰、熔成(ようせい)リン肥などにリン酸が多く含まれています。

カリ(K)

根肥として、根や茎を丈夫にします。
病気や害虫、寒さからの抵抗力を高めます。
不足すると葉などが変色し、枯れてしまいます。

肥料のその他の要素

上記のチッ素、リン酸、カリに加え次の2つの要素で「肥料の五大要素」と言います。

マグネシウム(Mg)

苦土石灰の苦土のことで、植物が光合成をするのに欠かせない「葉緑素」を維持するのに重要な要素です。
不足すると葉の色が変色したり、生育が悪くなります。

カルシウム(Ca)

石灰質肥料のことで、根の発育をよくします。
また、酸性雨によって酸性に傾いた土をアルカリ性よりにしてくれます。

消石灰や苦土石灰などを他の肥料と同時に使用すると、アンモニアを発生させてしまいます。
両方使いたいときは先に石灰を混ぜ、1~2週間経ってから他の肥料を施しましょう。

肥料の時期の違い

時期によって、与える肥料の役割や効果が変わってきます。
よく「元肥として緩効性肥料を与える」「追肥として液肥を与える」などといいますが、それぞれの肥料の目的を把握して使い分けましょう。

緩効性肥料

与えたときからゆっくりと効き始め、2~3ヵ月、長いもので1~2年ほど効果が続きます。
元肥や追肥、寒肥に使います。

即効性肥料

与えるとすぐに効果が出始めますが、1週間ほどしか効き目が長持ちしません。
追肥やお礼肥に使います。

肥料の種類

有機質肥料

油かすや骨粉、魚かす、鶏ふんなどの動植物由来の肥料です。
自然のもの由来なので成分の量は少なめですが、ゆっくりと長く効く緩効性があります。
天然由来なので安心できる一方、虫を寄せ付けてしまう心配があります。

化学肥料

鉱物や石油を原料に作った即効性のある肥料で、無機質肥料ともいいます。
チッ素、リン酸、カリの三大要素のうち2つ以上の成分が含まれています。
成分の割合が分かるので扱いやすく安価なので、ガーデニング初心者の方にはおすすめです。

液体肥料

化学肥料を液体にしたものです。
水やりの代わりに液体肥料を薄めたものを追肥として与えます。

肥料の使いわけ

〇元肥
植物を植えたり、移植するときに土にすき込んでおく肥料です。

〇追肥
元肥の効果がうすれたころに、植物の生長に応じて与える肥料です。
固形のものから液体、粒状のものまであります。

〇寒肥
花木や果木の冬の休眠期間中に与える肥料です。

〇お礼肥
花の終わった植物に与える肥料で、体力回復の目的があります。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。