記事の詳細

ガーデニング用品店に行くと、たくさんの種類の土が売られています。
それぞれに役目があるので、土の特徴を把握しましょう。

基本的な土の種類

赤玉土

褐色の粒状になった土で、ガーデニングの基本的な土として最も使われています。
関東ローム層にある赤土を乾燥させたもので、大粒・中粒・小粒があり植物によって使い分けます。
通気性、水もち、保肥性に優れます。
一方で肥料分は含まれていません。
赤玉土を使う場合は、リン酸分の多い肥料を元肥として施します。
水分を含むと粒が崩れやすくなってしまうので、購入時に袋の内部が湿っていないもの、また細かい砂のような「みじん」が入っていないものを選びましょう。

川砂

河川で取れる、花崗岩からなる細かい砂のことです。
朝明砂、白川砂、天神川砂など産出地の名前がついています。
通気性と水はけがよいのですが、水もちと保肥性はありません。
そのためあまり肥料がいらない盆栽や多肉植物に使うほか、通気性をよくするための改良用土として使われます。
購入したら、使用する前に2~3回水洗いしてみじんを落としてください。

鹿沼土

栃木県鹿沼地方でとれる、関東ローム層の赤土の下にある軽石が風化したものです。
通気性と水持ちがよく、酸性の土を好むサツキ(ツツジ科)や一部のランの栽培に使います。
みじんが出やすく鉢の底にたまってしまうと水はけが悪くなりますので、使う前に省いてください。

黒土

関東ローム層の表面土で、有機物を多く含んでいます。
水もちと保肥性には優れていますが、通気性は劣るので使用するときは腐葉土を混ぜ込みます。
また弱酸性のため、石灰類を使って土中のpHを調整してください。

改良するための土の種類

腐葉土

広葉樹が微生物やミミズなどにより分解された土状のものです。
通気性、水もち、保肥性に優れています。
市販されているものは品質にばらつきがあり、未熟な腐葉土は植物の根を痛めてしまう可能性があります。
完熟しているものは色が黒っぽく、ほどよく湿り気があります。

ピートモス

湿地のミズゴケが泥炭化したものです。
特に水もちがよい土です。
腐葉土と似た性質がありますが、無菌なので室内で植物を育てるのに適しています。

パーライト

真珠岩を細かく砕いて高温処理した人工の砂です。
通気性と水もちに優れます。

バーミキュライト

蛭石を高温処理したものです。
水もちと保肥性に優れます。
パーライトなどと混ぜてハンギングバスケットなどに利用します。

珪酸塩白土

根腐れを防ぐ効果があります。
穴のない鉢や水耕栽培で、鉢の底に敷くと水が腐りにくくなります。

植え込みのための材料

バークチップ

針葉樹などの皮をチップ状にしたもので、通気性に優れます。
洋ランなどの植え込み時に使います。

鉢底石

水はけをよくするために鉢底に敷く石です。
6号以上の鉢では鉢底石を必ず使いましょう。

石灰

ガーデンニングでは、酸性の土を中和させるために使います。
石灰の中でも特に苦土石灰は、土に混ぜ込んですぐに使用できるのでおすすめです。
「苦土」はマグネシウム、「石灰」はカルシウムのことで、酸性の土に混ぜることでアルカリ性に近づけることができます。

良い土のポイント

植物によって好む土の環境はそれぞれ違ってきますが、基本は下記の3つです。

〇水はけが適切
水が土の中を通ったあとは、土の粒と粒の間にすき間ができます。
そこに空気が入ることで植物が酸素を取り込みやすくなります。

〇通気性がいい
水はけがよいということは空気がよく通るので、土が乾きやすくなります。
そこに水をやることで、さらに新鮮な空気が入っていきます。

〇水もちがよい
上記2つと矛盾しますが、空気が通過しすぎると乾燥が進み、植物が水不足でしおれてしまいます。
急激に乾かないことが良い土の条件です。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。