記事の詳細

広いお庭にウッドデッキ、憧れの風景ですよね。一口にウッドデッキといっても、様々な素材があるのはご存知でしたか?素材によってそれぞれ特徴があります。ウッドデッキの施工をご検討されている方は、まず素材から考えてみましょう。

ウリン

ウリンは別名アイアンウッド(鉄の木)と呼ばれるほど、とても硬い素材です。高い硬度度耐久性を誇る素材で、割れ、反り、曲がりなどの変化が出にくい素材でもあります。そのため、屋外で使用されることが多く、桟橋や公園の遊具などに用いられます。薬剤処理なしでも100年もつと言われるほどの耐久性なので、ウッドデッキに使用するとメンテナンスの手間が省けます。

イペ

イペはアマゾン川流域に育つノウゼンカツラ科の広葉樹で、非常に密度が高く、水に沈むほど重いのが特徴です。高密度のため、曲がりや反りがなく、割れにくい素材です。素材自体に防腐、防虫効果のあるラバコールという成分が含まれているため、数十年は無塗装でも品質が変わらず、シロアリにもやられにくいと言われています。まれにラバコールによるかぶれやアレルギーがあるとも言われますので、注意が必要です。

セランガンバツ

セランガンバツはインドネシアやマレーシアに自生するフタバガキ科の広葉樹です。耐久性と強度が高く、メンテナンスフリー期間は20年ほどと言われます。流通数が多いので、価格が安いのも魅力です。長期の使用により、表面にささくれが出やすいのがやや難点です。

イタウバ

イタウバはブラジル原産のクスノキ科の広葉樹で、油分が多く、木の表面が滑らかなのが特徴です。油分は水の浸透を防ぎ、腐食から守ってくれます。他の素材に比べると、表面にささくれなどの劣化が出にくく、長期間素足で使用することができます。小さなお子さまやペットと一緒にウッドデッキで遊びたいとお考えの方にはオススメです。

サイプレス

サイプレスは主にオーストラリア東部に自生することから、豪州ヒノキとも呼ばれます。高い防虫効果があり、世界一シロアリに強いと言われています。比較的成長が遅いため、木の密度が高く、反りや曲がりに強いのも魅力です。硬い素材にもかかわらず加工しやすい特徴もあり、ウリンなどに比べると若干低価格なため、コストパフォーマンスもいいようです。

マニルカラ

マニルカラはブラジル原産のアカテツ科の広葉樹で、耐久性と防腐防虫性に優れ、数十年にわたり強度が変わらないと言われます。風雨にさらされているうちに、表面が細かくひび割れてくる特徴があり、素足で歩くにはざらつくようです。最初は美しい赤茶色ですが、色合いが変化して灰色がかって落ち着いた風合いになります。

人工木

人工的に作られた素材で、金属や樹脂などを加工して作られています。大量生産できるため低コストで、耐久性も優れています。塗り替えや防腐処理などのメンテナスが最低限で済むというメリットがありますが、木が持つ暖かさという点では、やはり天然木にはかないません。

素材選びが大切

ウッドデッキは、一度施工したら少なくとも数年はそのまま使用します。施工場所の環境によって、使用すべき素材が変わってくるので、素材ごとの特徴を把握し、その場所に適した素材を使用することがウッドデッキを長持ちさせるコツです。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。