初心者でもおすすめの寄せ植えガーデニング術

寄せ植えを作ってみる

花壇の中に花を組み合わせて寄せ植えを作ってみましょう。
寄せ植えは難易度が高いように思われがちですが、ちょっとしたコツを守れば簡単に実践することができます。

コンテナを使ったベランダ菜園におすすめの土の作り方と肥料の選び方


寄せ植えで用意するもの

コンテナ
鉢底ネット
鉢底石
培養土
土入れ


その①苗のままポットに入れる

まずは寄せ植えする植物を苗のままポットに入れてみましょう。大きさを確認し、大まかな配置を決めます。

その②鉢底ネットをカットしてセット

用意したコンテナの底穴の大きさに合わせて、鉢底ネットをカットします。鉢底の穴よりも大きめにカットしましょう。カットしたら、穴をふさぐようにセットします。

その③鉢底ネットの上に鉢底石を入れる

ネットで穴をふさいだら、動かないように手で押さえながら鉢底石を入れていきます。そこが見えなくなるくらいまで敷き詰めましょう。

その④底石の上に土をかぶせる

底石の上に土を入れます。コンテナ一杯に入れるのではなく、1/3くらいになるまで入れます。

その⑤苗を入れる

土を1/3入れたら、その上にポットから取り出した苗を乗せます。この時、苗の土部分とコンテナの縁部分を見て、高さを確認します。苗の土部分が鉢の縁よりも2~3センチ低くなって入れば大丈夫です。苗が鉢からはみ出す場合は、土を減らすなどして調整しましょう。

その⑥土をかぶせる

苗を鉢の中に並べます。並べ終わったら、隙間を埋めるようにして土をかぶせていきましょう。
葉っぱ部分を手で押さえながら隙間をきれいに埋めるようにかぶせるといいです。

その⑦土を整える

土を詰めたらコンテナを持って軽く地面をたたきます。苗と苗の間の土を埋め、更に手で土の表面を抑えてならします。

最後に水やり

鉢植えが完成したら、最後に水を与えます。最初はたっぷりと、鉢の底から水がしみ出すくらい

十分に与えましょう。

日当たりのいいところに置いて成長を楽しみます。


寄せ植えの組み合わせ方

寄せ植えの草花をきれいに組み合わせて見た目にも楽しい庭を作りましょう。

おすすめの寄せ植えのカラーコーディネート

寄せ植えの花は基本的に2色までにするとまとまりがあってきれいになります。
ただし、白い花は色数にはカウントしません。

寄せ植えの色の組み合わせの例


グラデーション


同系色


補色(反対色)


部分ごとの色
花弁の一部や花の中心部分などに別の色が入っている場合、その色を組み合わせる方法もあります。

白い葉で花壇をクールにするシロタエギクの育て方

ガーデニングで季節を感じる春の七草の寄せ植え!

https://gardening-engei.org/ninki/%E5%AF%84%E3%81%9B%E6%A4%8D%E3%81%88%E3%81%A7%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%EF%BC%97%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%84/


色相環で色の関係性を把握する

色相環で見ると色の関係が分かりやすくなります。図を参考に、色の組み合わせを見つけてみるのも面白いですね。

https://gardening-engei.org/ninki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%86%AC%E3%81%A8%E6%98%A5%E3%81%AE%E5%AF%84%E3%81%9B%E6%A4%8D%E3%81%88%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99/

寄せ植えに最適なジニアでカラフルな花壇に

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。