記事の詳細

日本生活環境支援協会をご存知ですか?

みなさん、日本生活環境支援協会をご存じでしょうか?こちらの協会は、生活における技術の各スキルが、一定水準以上であることを認定している協会です。これまで生活での各スキルは、尺度が曖昧であり、技術者として備えるべき能力についての水準というものを示すことができませんでした。しかし、日本生活環境支援協会により、生活でのスキルに尺度が設けらたことで、例えば会社で採用を行う際に役立つよう客観的な評価が提供できるようになりました。本協会では、生活での各スキルを有する技術者の社会的地位を確かなものにすることを目的としています。さらに、各スキルを必要とする企業が要求する基本的な技術を理解した上で、その技術の活用できる人材を育成することを目的としています。

在宅で受験できるの!?

日本生活環境支援協会の試験を受験された方の声で、もっとも多くみられるのが、在宅で受験ができるので、忙しくても受験が可能だったという声です。一般的な受験では、特定の日にちに特定の場所に行く必要があるので、受験したくても、どうしても都合がつけられないという方も少なくないと思います。在宅で受験ができるので、興味とやる気があれば、お仕事が忙しくて休みをとれない方でも受験が可能なことが人気の秘密のようです。

受験の申し込みは、日本生活環境支援協会のホームページから行うことができます(年に複数回試験が設定されています)。申し込み後、受験票・試験問題・解答用紙が自宅に届けられます(受験料は代金引換でお支払い)。試験期間が設定されていますので、その期間内で、ご自身の都合の良いタイミングで、設問に解答し、記入済みの解答用紙を返信封筒で提出するだけOKです。

口コミ・評判をみてみましょう。

日本生活環境支援協会の口コミで多くみられるのが、「自分の知識を、協会の尺度で認定してもらうことができたので、自信を持つことができた!」という声です。生活での各スキルという、尺度が与えられていなかったものに、客観的な評価を与えるという協会の目的と、受験者のニーズがマッチしていることを示している良い例と言えるでしょう。

さらに、実際に仕事の現場でも、「これまで以上に自分の知識に自信をもって提案できるようになった」という声や、「転職活動で協会の認定をいかすことができた!」という声も上がってきています。現場で必要とされるスキルを活用できる人材を育成するという日本生活環境支援協会の目的が、しっかり実現できていると言えると思います。

どんな資格認定があるの?

人気の高い試験の一つが、「ベランダ菜園アドバイザー認定試験」です。ベランダ菜園アドバイザーは、ベランダ菜園で植物や野菜を育てるための基本的な知識と技術を習得しているか?また、十分にベランダ菜園を管理できるかどうかが問われる資格となります。この資格の認定を受けた方は、ベランダ菜園のノウハウを確実にアドバイスが出来ると、協会が認めたということになります。

また、「ガーデニングアドバイザー認定試験」も人気の高い試験です。本試験では、基本的なガーデンデザインの知識・技術を有していることを認定します。ガーデニングの基礎知識やガーデンの設計・施工などについて出題され、資格を取得した後は、カルチャースクールなどで講師活動ができます。

最後に、「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」も非常に人気の高い試験です。ハウスクリーニングアドバイザーは、プロ目線で、的確なアドバイスが出来る掃除のスペシャリストです。プロが扱う道具の知識、汚れの状態に応じた最適な掃除の知識が問われます。本資格を取得した後は、カルチャースクールなどで講師活動をすることもできます。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。