記事の詳細

日本インストラクター協会をご存知ですか?

みなさん、日本インストラクター協会をご存じでしょうか?こちらの協会は、教える力を中心とした技術の各スキルが、一定水準以上であることを認定している協会です。日本インストラクター協会が、教える力を客観的に評価し、各スキルに尺度を設けることで、例えば企業における採用の現場でも協会の認定が評価の対象となりえます。また、協会からの認定は、開業資格・講師資格としても有効であるため、各スキルを有する技術者の社会的地位を確立するということが、本協会の最たる目的となっています。さらに、企業が要求する基本的な技術を協会が理解し、その技術の活用できる人材を育成することも、協会の重要な目的となっています。

在宅で受験できるの!?

口コミを見ていますと、日本インストラクター協会の試験を選ばれた理由について、在宅で受験できる点を上げられている方が多くみられます。「土日も仕事でつぶれることがあり、受験会場まで出向くことができないため、在宅での受験は大変助かりました」という声や、「自宅にいながら、自分のタイミングで試験に解答できるので、焦らず落ち着いて受験ができました」という声もありました。

年に複数回試験が設定されていて、受験の申し込みは、日本インストラクター協会のホームページから行うことができます。申し込みが完了しますと、受験票・試験問題・解答用紙が自宅に届けられます。このとき、受験料は代金引換での支払いとなるので、振り込みの手間がないのもうれしいポイントです。試験期間が設定されているので、その期間内で、設問に解答し、記入済みの解答用紙を返信封筒で提出するだけです。

口コミ・評判をみてみましょう。

日本インストラクター協会の口コミで多くみられるのが、「自分の教える力を資格として認定してもらえたので、自信を持って、人に自分の知識を伝えることができるようになりました!」という声です。教える力の各スキルに、客観的な評価を与えるという協会の目的が、実際の現場のニーズにマッチしていることを示す口コミだと思います。

さらに、「日本インストラクター協会の認定をもらい、開業の足掛かりになった」という声や、「講師として、働くことができるようになりました」という声も見られました。協会の目指す「技術者の社会的地位を確立する」という点においても、十分な結果が出ていると言えるのではないでしょうか。

どんな資格認定があるの?

日本インストラクター協会では、教える力を中心としたバリエーション豊富な資格認定があります。

その中でも人気の高い試験の一つが、「園芸インストラクター認定試験」です。この試験では、園芸インストラクターとして、様々な場面で通用するガーデンデザインの知識・技術・技能を有していることを認定します。この資格の認定を受けた方は、園芸の様々なノウハウを教える力を有していると、協会が認めたということになりますので、カルチャースクールなどで講師活動ができます。

同じく人気の高い試験の一つが、「家庭菜園インストラクター試験」です。この試験では、様々な植物と野菜の種類を完璧にマスターし、それぞれに最適な育成方法・環境を理解しているかが問われます。さらに土や水の状態だけでなく、草や害虫に至るまで、家庭菜園の基礎を身につけることが出来た方に認定される資格です。

最後に、「飾花インストラクター認定試験」も大変人気の高い試験です。この試験では、花器や花に対しての知識を有しているか、またフラワーアレンジメントの技巧を習得しているかが問われます。この資格を習得すれば、さまざまな場所で講師活動ができるので、実際の仕事につながる資格となっています。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。