記事の詳細

コンクリートジャングルに身を投じていると身も心も疲れ果ててしまいますが、そんな時代だからこそ、青々とした植物や色とりどりの花々を見るとなんだか心安らぐものです。最近ではそんな植物のリラックス効果の他にも、地球温暖化などの環境問題の面からも日常にいかに緑を取り入れるか?といったことに関心を寄せる人が多くなっています。また、日々の楽しみとして園芸を趣味にしている人もいるでしょう。今注目のガーデニング・園芸の資格をランキング形式でまとめてみました。

1位 ガーデニングアドバイザー

理由「洋画に出てくるような庭を造りたい!」「お店に洒落た花を飾っていい演出をしたい!」と思っていても、なかなか実現できない人が世の中には大勢います。そんな人たちの相談役となるのがガーデニングアドバイザーという資格を持った人たちです。ガーデニングアドバイザーは草花の世話の仕方、季節に合った選択、草花のレイアウト、その他管理方法などの知識、技術、センスを持ち合わせ、多様なクライアントの要望に合わせ、それぞれに最適の助言を施します。あらゆる趣味の中でも、一般家庭でのガーデニングは人気のあるもので、ガーデニングアドバイザーとしての需要はこの先も衰えを見せません。資格取得後は自宅やスクールで講師として活躍できます。

2位 園芸インストラクター

理由園芸インストラクターとは、計算されつくした快適な庭園を実現する事ができる実力を持った、造園のプロフェッショナルのことを指します。見栄えのよい庭を作るには、ただ季節に合った綺麗な草花を育てて並べるだけではいけません。そこには草花が十分に育つ土壌や生育環境が整えられていなければいけませんし、庭園の機能性なども考慮する必要があります。そんな問題を解決するのが園芸インストラクターと呼ばれる人たちです。ガーデニングアドバイザーと並んで今、園芸業界で需要が伸びている資格となっています。
 この資格の受験については、偶数月に試験が組まれており、在宅での受験が可能ということで初心者でも手軽に始められることが何よりのメリットです。趣味に応用することも十分可能でしょう。

3位 園芸装飾技能士

理由園芸装飾技能士とは、主にインドア・グリーンを用いて内装空間を演出する資格を持った人々の事です。ホテルや会館、イベント会場に観葉植物や園芸を設置して、機能性と快適性を重視した心安らぐ癒し空間を作り出すエキスパートとして国家資格のひとつに数えられています。
 園芸装飾技能士になるには1級を取得する必要があり、2級、3級の取得が前提とされています。また、一定期間以上の実務経験、就学経験も受験の条件となっているので、初心者が望む資格としては不向きといえるでしょう。

4位 ガーデンコーディネーター

理由ホテル、ショッピングモール、葬祭場、祭事などでの観葉植物を使った空間の演出を手がけるのが、ガーデンコーディネーターと呼ばれるお仕事です。気温、湿度、雰囲気などその場に合わせた最適なガーデニングを、クライアントの方と相談しながら、最適な空間を創造します。
 受験条件に特別な制限はなく、初心者でも知識を積めば合格する事ができる資格です。園芸店にてグリーンコーディネーターとして就業するほか、個人事務所として独立する事もできます。

5位 グリーンアドバイザー

理由グリーンアドバイザーとは、花と緑を楽しみたいと願う人に適切なアドバイスを送る事の出来る称号として知られています。受験条件が、関連する学校を出ている、一定期間の実務経験がある、など比較的厳しめに設定されており、年1回しか試験日が設けられていないので、初心者には向いていない資格と言えるでしょう。

ガーデニング  ガーデニング

関連記事

ガーデニングのピックアップ記事

ページ上部へ戻る
このサイトは個人が運営しています。